麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
ネマタの天鳳日記 第6回

ネマタの天鳳日記 第6回

CABO求人全自動麻雀卓スリムプラススコア

01

 ドラ を自分で切っている

 実戦で何を切るかで迷うのは、どこを切っても大きな裏目がある面子候補同士の選択。今回の牌姿についても、「打牌毎の共通の有効牌」を比較する方法で何を切るか考えます。

三色か一通か

三色と一通どちらを狙うかについては、手役が完成する枚数が少ない方を選ぶかで判断すれば簡単です。今回は三色は3枚、一通は2枚必要ですから狙うなら一通です。引きで三色が崩れた場合はもちろん、を引いた場合も、が残っている方が、一通にならない場合もリャンメン待ちが残るので有利でしょう。

ドラ1カンチャンかフリテンが残る可能性があるリャンメンか

自分で受け入れを切っている面子候補はフリテンの可能性があるのでどうしても外したくなりますが、フリテンになるのは、テンパイまで待ちが残った場合だけです。

仮にを先に引いた場合も、を落とした場合はドラ待ちカンチャン。を落とした場合は平和がつくフリテンリャンメン待ち。フリテンが残った場合はアガった時に必ずメンゼンツモの1翻がつくこともあって打点が落ちず、出アガリがきくとはいえドラ待ちはアガリにくい。フリテンが残った場合もさほど損ではないのなら、を引き戻してフリテンにならない場合を考慮して残し優位と判断しました。

面子候補十分に受けると思わぬ手変わりがあることも

三色か一通か、ドラカンチャンかフリテンリャンメンか。選べないなら先延ばしで打として面子候補オーバーに受ける手を考えた方もいらっしゃるかもしれません。が残り1枚ずつなこともあり確かに有力そうですが、落としに比べて有利になるのは先にを引いた時だけです。そして今回はもう1つ、ピンズを残す理由があります。

nema2

 次巡にを引き下家からポン。そうです。ピンズで面子候補がもう1つできるとチンイツの面子候補が揃うのです。テンパイする受け入れは1種だけという、稀に見る超狭い跳満1シャンテン。しかし、さほどアガリやすくもなく、高打点になるとも限らない2シャンテンとどちらが良いかは言わずもがなでしょう。面子候補十分に受けるメリットの1つに、面子候補オーバーに受けた場合はツモ切ることになるあらゆる牌を有効牌として残せるというのがあります。より価値の高い新しい面子候補ができたら別の面子候補と振り替えるを繰り返すことで思わぬ大物手に育つこともあります。遠い手役は狙わないと言われることもありますが、他で大差つかなければ、低確率でも可能性があるだけ有利というもの。手役を狙うかどうかは別として、手役が「見える」ようにしておくことは大切です。

nema3

 ちょっと出来過ぎですね。単なるアガリ自慢ですみません(笑)

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top