麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
ネマタの天鳳日記 第23回

ネマタの天鳳日記 第23回

CABO求人ニルウッドカバー

image001_R

 ラス目で苦しい展開が続く中、配牌から大チャンス手。マンズと字牌だけで12枚もあるので打で一気に染める手もありますが、今回はドラで染めなくても高打点。

 マンズをもう1枚引いた場合もあたりならを落としてチートイツの1シャンテンにもなる方がトイツ落としよりもよいとみてこの時点では打としました。毎度申しております、「共通の有効牌を比較」です。次巡東家から切られたも染めなくても高打点なら苦しい形を残してシャンテン変わらずの仕掛けをするほどでもないとみてスルー。なら仕掛けていました。

image002_R

 マンズを引いた時にテンパイする方がよいとみてここでも1シャンテンには取ります。

image003_R

 くっつき1シャンテン同士ならアガった時に倍満になるようにチー。これは迷わないところですが、どこまで鳴くかは案外難しい。チーはチーと同じ形になるので鳴き。

 良形が残るヘッドレス1シャンテンになるもチー。チーはチーには劣りますがまだ鳴き。ペンが残るとはいえヘッドを作りやすいが残るならそれほどアガリ率は落ちてないとみてもチー。の形も崩れるチー、ポンはかなり苦しいとはいえ倍満なら鳴きでしょうか。ポンだけは流石にスルーします。

image004_R

 中ぶくれ単騎というだいぶ厳しい待ちが残りますが、もちろんテンパイには取った方がいいですね。

 染め手狙いで鳴いていくことが多い手なら、孤立字牌でも手が進んだ時に重なりで使える、あるいは安牌になりやすいという理由で残すことが多いですが、染め手に移行した場合に、染め手に決め打たなくてもあまり損しないのであれば字牌から切るようにしています。

 染め手以外のアガリもみるというのが主な理由ですが、副次的効果として、他家から河を見た場合に染め手っぽいけど染まりきってない可能性もあるとみて絞られにくくなるというメリットもあります。

image005_R

 何とすぐに東家から出ました。経験上こういう待ちは案外アガれてます。アガった時に印象に残りやすいだけか、かなり苦しい待ちが残るテンパイになることが稀なので、試行回数が少ないから偶々アガれたことが多いだけだと思いますが(笑)

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top