麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
ネマタの天鳳日記 第29回

ネマタの天鳳日記 第29回

CABO求人ニルウッドカバー

01-min

 大きく離されたラス目でドラトイツの1シャンテン。ペンチャン同士の比較ですが、南家がとペンチャンを落としているのでどちらかと言えばの方が使われにくく、またがトイツなのでその分スジ待ちになりづらいことから打

 もしすぐにを引くようなら今度はを落とすところです。

02-min

首尾よくツモって満貫。しかしまだラス目です。

03-min

 トイメンが派手な仕掛けをしていても危険牌の候補ですが、トイトイなら待ちの候補は他にもあり絞りきれません。

 アガリのリターンが大きいこの局面なら確実にテンパイしているリーチ相手でもこちらがテンパイなら勝負に見合うので、ここでも押しと判断しました。

04-min

 一発ツモで更に満貫。リーチした時点で北家の手牌はでした。三色同刻よりは重なりやすさや安全度をみてを残したというところでしょうか。

 高打点の手が見える仕掛けはもちろん一定の警戒をする必要がありますが、高打点が見えるからこそ、アガリに遠い段階から仕掛けている可能性も高くなりますし、あわよくば高打点の手を狙ったけれども、手役が崩れて安手になるケースもあります。
 
 逆に、仕掛けた牌だけみると一見安手に見える場合や、まだテンパイしていない可能性も十分にあるように見える場合も、河や点数状況と合わせると、むしろ既に高打点テンパイであってもおかしくないケースもあります。

 鳴きそのものだけでなく、「どのような手牌からの鳴きが有り得るか」を意識するのがポイントです。

05-min

 北家はポンして打と外して大体安牌のを抱えていたとなると、外しの時点で1シャンテン、はポンテンで待ちはカンよりよい待ちと考えられます。

 ではテンパイならどこかが待ちかと考えると、の後にが通り、とあるところからはを先に切るからは考えにくい…と消去していくと、実はもうまともに通っているスジがくらいしかありません。

 を鳴いたのが終盤かつ、ラス目とはいえ3着とはそこまで離れていない北家である以上確実に高打点とは言えませんが、のドラまたぎで、残りの2面子のうち1面子でもピンズなら更にドラを持っていることになります。

06-min

 しかし連続で満貫をツモってトップまで見える親番。過去の結果が抽選に影響しないと頭では分かっていても、無意識のうちに心では「勢いにのった」つもりでうっかり勝負してしまい7700放銃。

 この結果はそもそもレアケースとは言えませんし、流局が近くダマでテンパイを維持する選択もある以上なおさら押すべきではありませんでした。

 オーラスもアガれず結局ラスで終了。まさに気の緩みが命取りとなりました。

 麻雀を打つ以上勝ちを目指すのは当然ですが、「勝ちたい」あるいは「負けたくない」と思ってしまうのは損得勘定が疎かになって負けのもとです。

 「与えられた手牌と局面で、ベストを出したい」そう思い続けたいものです。

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top