麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
ネマタの天鳳日記 第56回

ネマタの天鳳日記 第56回

CABO求人ニルウッドカバー

image001_R

 トップ目が3シャンテンからカンとなるとかなり違和感がありますが、3着以下とは大差で2着目とは一騎打ちの点数状況。鳴いても北家から直撃すればトビ終了になりやすい手牌が入ったので、1回多くツモるためにカンしました。

image003_R

 配牌から無駄ヅモ0のインチキ臭いテンパイが入りました。 

image005_R

 2着目からリーチが入り、どうせ降りないしリーチすれば跳満以上確定と勢いでリーチしてしまいましたが、この点数状況でわざわざリーチ棒を出して逆転されやすくすることはありませんでした。西家が待ちならダマにしていれば放銃を回避できるというメリットもあります。

image007_R

 残りツモ2回で西家から出ればトップ終了。さっきみたいにリーチ棒を無駄にしないようにとダマにしましたが、今度はツモっても西家を飛ばせるようにリーチすべきでした。過去の結果にとらわれて今の判断がブレてしまうようではいけません。

image009_R

 東家が何をツモっても南家が飛んで逆転されてしまう局面で東家がといきなり中張牌からの切り出し。少なくともこちらよりテンパイに近そう。こうなったら北家にアガってもらうべくアシストを決行しますが、北家の手が進んでから再びアシストする選択肢が残るように、一応トイツで持っているからがよかったでしょうか。

image011_R

 結果論とはいえやらかしました。ここから更に東家が仕掛け、東家に押すだけのリターンが無い北家が降り気味に打ち始めたのでアシストもできません。後はノーテンでも飛んでしまう南家が、東家のアガリ牌をつかまずにアガリきるのを願うだけです。

image013_R

 南家はノーテンでもトビ終了ですが、どうせほぼラスだから場を荒らしたくなかったのか、それとも平均収支の結果が悪くなるのを嫌ったのか最後のツモで4枚見えので降り。しかしこれが何と最後のツモでテンパイしていた北家のアガリ牌。唯一私がトップのまま終われる結果となりました。

 北家は一旦仕掛けに回ったとはいえ、カン待ちになっているのもかなり意外。麻雀は何があってもおかしくないと聞いていても、こういうのは結果は地味とはいえ却って不思議な感じがしますね。

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top