麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
ネマタの天鳳日記 第103回

ネマタの天鳳日記 第103回

CABO求人全自動麻雀卓スリムプラススコア

image001_R

 トップ目の西家が2フーロしてターツ落とし。苦しい形が残りますがこちらも間に合わせるために鳴きます。

 待ちが絞りにくい対リーチの場合はこのような仕掛け(テンパイ率が低く、テンパイしない限りは通ってない牌を押すのは厳しい手牌からの仕掛け)は手詰まりを起こしやすく損であることが多いですが、待ちを絞り込みやすい鳴き手相手ならギリギリまでアガリの目を残しつつ打ちます。

image003_R

 残り2枚の待ちは苦しいとみて手変わりをみましたが、西家の仕掛けの現物。こちらもクイタンでカン待ちとするとの切り出しが早いので他家からみて待ち読まれにくい。マンズ手変わりも自分でを切っているのでイマイチとなるとテンパイ取りがよかったように見えます。

image005_R

 を引いて待ちでテンパイしたところにツモ。見た目のアガリ牌の枚数は同じなので、ツモでフリテンにならないように打としましたが、これも西家の現物待ちを維持した方がアガリやすかったように思います。西家に対してもは大体通りそうですが、仕掛けに対応する立場からすれば、ひとまずは現物を切ろうとするのが自然だからです。

image007_R

 南家が打でリーチしたのを西家がチーして打発。鳴く前は+(メンツ候補)+雀頭の形(トイツ落としなので単騎待ちではない)だったことになりますが、カンチャントイツのを丸ごと手出しで落としていることからほぼ待ちが特定できます。ソーズホンイツがあるので他色の牌よりはを残すはずとなると、残りの手牌はソーズか字牌で、よりも優先して残されるメンツ候補ということになります。

 だとするとが既に4枚見えていたのにが残っているのが不自然ですし、だとすると仕掛ける前がとなり、くっつき1シャンテンの形で発が残っているのがやはり不自然。そうすると候補は字牌トイツのみで、2枚以上残っているトイツはだけなので、西家が合理的に打っているのであれば手牌での一点に絞れます。

 第67回でも似たようなケースを取り上げましたが、ほぼ一色手の仕掛けなのにその色のメンツ候補が多く手出しされるようであれば、字牌のシャボ待ちを読めることもあります。

image009_R

 つまりこのは西家には通りますし、リーチにも両スジなので押します。

image011_R

 西家が手出しで。危険牌を引いてテンパイを崩したということですから、を引いてきた場合もツモ切れることになります。

image013_R

 西家は確かにのシャボ待ちで、止めたも本当に当たり牌。仕掛けにを勝負した南家は満貫クラスの勝負手。まるで第67回を再現したような局でした。

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top