麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
麻雀用語辞典 16.オカルト、置きザイ、送り槓、送り込み、押さえる、押し引き、オタ風、オタ風三刻、追っかけリーチ、お父さん

麻雀用語辞典 16.オカルト、置きザイ、送り槓、送り込み、押さえる、押し引き、オタ風、オタ風三刻、追っかけリーチ、お父さん

CABO求人全自動麻雀卓スリムプラススコア

オカルト

 オカルト。イコール土田浩翔みたいな話ですけれども、要するに、確率の世界、数の世界から離れた、訳の分からない理屈を持ち出して、流れがあるとか、今は和了れる時間帯じゃないとか、手牌の組み合わせ的な話から遊離した、極めて楽しいと捉える人もいるけど、ナンセンスと捉える人もいるオカルト。信じる、信じないもあなた次第でございます。

置きザイ(オキザイ)

 昔、手積みでやっていたころの話でございますが、サイコロを振るじゃないですか。それを振らないでサイコロを置くことを、置きザイというんです。普通、回転しなきゃいけないでしょ。ところが、出したい目に失敗する。だから置きザイ。出したい目をそのまま、ピンゾロを出したいと思っているときに、振っているように見せかけて、回転しちゃ駄目って、置きザイするということです。

送り槓(オクリカン)

 今、立直をかけているときだけの話です。

 で待っています。ここにを引いてきました。をカン。待ちは変わらないです。を暗槓しますから、点数は非常に高くなる。これがいいのかというと、これは送り槓といわれて、駄目なんです。これはという組み合わせなので、最初からある組み合わせがじゃありませんから、手が替えられない。送り槓は禁止なんです。立直をかけたらですよ。立直をかけていなければカンできます。それは自由ですから。手を替えられるんですから。ところが、立直をかけた後は、4枚持っていても、を引いても、それを切らなきゃ駄目。送り槓しちゃ駄目よというお話でございます。

送り込み(オクリコミ)

 送り込み。これは2通りありまして、如何様技の一つとしては、自分がツモってきて切る時に山を前に出すふりをして、次にツモってくる人が引く牌のところにこのを置いちゃうんです。次の人が無防備になって、パーンと振り込んでしまうと。あるいは、逆に、下家の人と仲良くしているときには赤をさっとさり気なく置いて、赤を送り込んでいく。次も赤を送り込んでいくというやり方。

 もう1つの送り込みは、立直がかかりましたと。追いかけ立直が入りましたといったときに使うんですけど、自分がチーとかして、一発を消して、立直をしている下家の人に自分の当たり牌を、例えばを、つかませてしまう。「何だよ、送り込むなよ、ロン牌を」と。動きによってロン牌を押し付けてしまう送り込みというのがあります。

押さえる(オサエル)

 押さえるというのは、相手の当たり牌を押さえる。あるいは、相手に有利になるような牌を押さえると。この牌は押さえとこうかなって。例えばとか、ちょっとポンされたり、ロンされたりする可能性があるから、は押さえとこう。押さえるということです。

押し引き(オシヒキ)

 押して引いてというのは、攻める、守る。攻めるのか、守るのかの判断、これを押し引きといいます。この局は攻めようかなと思ったら押そう、守ろうかなと思ったら引こう。その押し引きの判断がけっこう麻雀では重要な要素でございます。押し引き。

オタ風(オタカゼ)

 オタ風は、自分の風、場の風というのがありますね。役になる牌。東場でしたら、が共通の役牌。あるいは、自分が南の席に座っていたら、を3枚揃えればいいんですが、それ以外の、例えば東場で自分が南の風だったら、、残りの風はオタ風、役に立たない。頭になるかな。平和になったりしますけれども、オタ風というのは自分の風じゃない、場の風でもない。これをオタ風といいます。

オタ風三刻(オタカゼサンコー)

 オタ風三刻。例えば、東場の親。自分が東場の親のときに、ポン、ポン、は3枚持っていました。こんな形で聴牌していたとします。オタ風三刻といって、すごく高い役でございます。日本にはありません。中国ではあります。オタ風三刻。今度、逆に南場の南家のとき、南以外はみんなオタ風。東場じゃありませんから。オタ風三刻という役が中国ではございます。

追っかけリーチ(オッカケリーチ)

 追っかけリーチあるいは追いかけリーチ。これは字のごとく、誰かが立直をしていて、自分が追いかける。2番手、3番手、立直がかかってくるのは追っかけリーチ。最初にかかっている立直を追いかける。2番目にかかっている立直を追いかける。追っかけリーチといいます。

お父さん(オトウサン)

 お母さんは勉強しましたか。お母さん、5000点棒。お父さん、1万点棒。お母さんが5000点棒で、お父さんは1万点棒のことでございます。

関連するカテゴリー

 『麻雀のすべて』 (総合ページ)

記事提供元

「麻雀のすべて」
最新の情報はコチラから http://mjall.jp/
 

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top