麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
土田のデジタル 97.ベースの役はタンヤオとリーチ

土田のデジタル 97.ベースの役はタンヤオとリーチ

CABO求人ニルウッドカバー

 赤なし麻雀であれば平和がベースになりますが、赤5入り麻雀ではタンヤオとリーチがベースの役になります。大きな違いとして、赤あり麻雀では喰いタンでも高い手ができやすいという点があります。3翻役、親で5800、子供で3900以上の手が生まれやすくなるので、平和よりタンヤオをベースにするほうが勝率は上がります。

 リーチに関して、特に赤入りの手牌は裏が乗れば満貫に近い点数がもらえますので、三色や一気通貫などの2翻役、一盃口などの1翻役を付加させなくてもいいと思います。赤入りの手牌ではリーチをベースにすることが、勝率を上げる最短距離です。

""
 ドラはで、はオタ風です。早めにが入れば、平和、ドラドラでリーチがかけられるといったところに、を引きました。平和をベースに打つ場合は切りが基本的です。切りは、が暗刻ってもよく、リーチにいけるため、デジタル的には一番無駄なく手が進みそうですが、ここは切りをおすすめします。を引いたことで、門前にこだわらなくてもよくなりましたので、トイツのを落として、タンヤオに構えます。
""
を引いて、このような形になるのが一番いいです。どこを鳴いても3900、親なら5800になります。

""
 ドラは字牌です。を引きました。を切りたくなるかもしれませんが、赤が1つありますから、""""で使うという前提で、のペンチャンを払います。和了りにくいペンチャンを外して、一気通貫でも平和でもなく、リーチ、赤1という形を目指します。和了りやすい最終形を作っていくところに赤麻雀の真髄があります。

関連するカテゴリー

 『麻雀のすべて』 (総合ページ)

記事提供元

「麻雀のすべて」
最新の情報はコチラから http://mjall.jp/

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top