麻雀ウォッチ

オススメ
検索
メニュー

土田の麻雀道 105.感情的な放銃がない

土田の麻雀道 105.感情的な放銃がない
土田の麻雀道

 感情的になっているつもりではなくても、無意識のうちにしてしまう感情的な放銃は多々あります。第三者から見るとよく分かります。何故、冷静に打たないのかと思われてしまう場面は少なからずあります。

 和了れない、手が進まないといった状態が続いていると、早く脱出したいという思いから、無理に牌を通そうとして放銃する。

 ラス目にいるときに、ある程度高い手になりそうなイーシャンテンで、順位を上げたいがために、無理に攻めて放銃する。

 また、上家の打牌が遅いとか、自分が面白くない展開に巻き込まれているとか、イライラしているときの放銃。これは、かなり感情的です。メンタルが揺れてないときであれば止まる牌を簡単に切ってしまいます。

 放銃したときに「やっぱりな」という言葉が、口にしないまでも出てくるときは、感情的になっていると思ってください。

 麻雀道に入り、愛される打ち手になるためには、まずそういう放銃をしないように心がけます。常にもう1人の自分が、ブレーキをかけてくれるようにすると、冷静に場を判断する頭が戻ってきて、無駄な放銃が減ります。

関連するカテゴリー

 『麻雀のすべて』 (総合ページ)

記事提供元

「麻雀のすべて」
最新の情報はコチラから http://mjall.jp/
 

この記事を書いた人

麻雀ウォッチ編集部ライター
麻雀ウォッチ編集部ライター
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイト。
■この投稿者の記事一覧

関連記事

プロフィール

麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイト。

著者リスト

  • 青木 さや
  • 学生麻雀連盟
  • 学雀連代表 げっち
  • きゅ~
  • 一井 慎也
  • 研タロウ
  • 女子麻雀サークル MAGNET
  • まろちょふ
  • 麻雀王国営業部 しーちゃん
  • 麻雀ウォッチ編集部ライター
  • 小鶴
  • 麻雀ウォッチ編集部
  • 麻雀新聞
  • 麻雀界
  • nakamura
  • ネマタ
  • 斎藤 俊
  • スタジオ カドタ
  • 谷崎 舞華
  • 山崎 一夫
  • taroo 河下太郎
  • 鈴木 聡一郎
  • 渡辺 英行
  • 福山純生 (雀聖アワー)