麻雀ウォッチ

オススメ
検索
メニュー

土田のオカルト 4.点を線にする思考

土田のオカルト 4.点を線にする思考
土田のオカルト

 点を線にする思考について解説します。麻雀はただ和了ればよいのではなく、和了り方が問題です。和了り方による影響は後々まで続いていきます。ストレスなく気持ちいい状態の良い流れにするには、少し苦労しても充実した感触が得られる和了り方をすることです。

 親番です。をポンして で和了ることを考える方は、点の和了が多い方です。線で和了ろうとする人は、ギリギリまで鳴かないで、を頭にして を引いてリーチを打つことを考えます。を鳴いて和了り、次に満貫で和了ればいいとか、勝手に良い手が入ってくるかもしれないと思っている人は、なかなか線になる和了ができません。

 この手牌からをポンするのはかまいません。ただし、鳴いてを捨てて、 待ちで和了るようでは線になりません。点の和了で増やした点棒は出ていってしまいますが、線の和了をすることで、点棒はなかなか出ていかなくなります。をポンするのであればを切って混一色にするなど、一苦労、一工夫、一手間かけて和了ります。点と線、よく判断しながら麻雀をしましょう。

この記事を書いた人

麻雀ウォッチ編集部ライター
麻雀ウォッチ編集部ライター
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイト。
■この投稿者の記事一覧

関連記事

プロフィール

麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイト。

著者リスト

  • 青木 さや
  • 学生麻雀連盟
  • 学雀連代表 げっち
  • きゅ~
  • 一井 慎也
  • 研タロウ
  • 女子麻雀サークル MAGNET
  • まろちょふ
  • 麻雀王国営業部 しーちゃん
  • 麻雀ウォッチ編集部ライター
  • 小鶴
  • 麻雀ウォッチ編集部
  • 麻雀新聞
  • 麻雀界
  • nakamura
  • ネマタ
  • 斎藤 俊
  • スタジオ カドタ
  • 谷崎 舞華
  • 山崎 一夫
  • taroo 河下太郎
  • 鈴木 聡一郎
  • 渡辺 英行
  • 福山純生 (雀聖アワー)