麻雀ウォッチ

オススメ
検索
メニュー

土田のオカルト 5.親と子の区別はない

土田のオカルト 5.親と子の区別はない
土田のオカルト

 麻雀は、親になると点数が1.5倍になります。ですから、親番になると早くテンパイさせて、リーチをしようと考えるのが普通です。しかし、できることは親でも子でも同じです。親だから急に和了れるということはなくて、和了れる状況に置かれている人が和了れます。それは親でも子でも同じなので、親につきリーチなどといった、親の威厳は麻雀にはありません。

 ですから、親ということに縛られないほうがいいです。親でも子でも、自分にできること、その局にできることは何なのかということをいつも冷静に判断しましょう。夢と希望にあふれる親もあれば、親番が移動してもかまわないと考える親もあるということで、それは子のときも一緒です。的確に、身の丈に合ったアクションをするしかなく、親ということを強く意識することはナンセンスです。

この記事を書いた人

麻雀ウォッチ編集部ライター
麻雀ウォッチ編集部ライター
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイト。
■この投稿者の記事一覧

関連記事

プロフィール

麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイト。

著者リスト

  • 青木 さや
  • 学生麻雀連盟
  • 学雀連代表 げっち
  • きゅ~
  • 一井 慎也
  • 研タロウ
  • 女子麻雀サークル MAGNET
  • まろちょふ
  • 麻雀王国営業部 しーちゃん
  • 麻雀ウォッチ編集部ライター
  • 小鶴
  • 麻雀ウォッチ編集部
  • 麻雀新聞
  • 麻雀界
  • nakamura
  • ネマタ
  • 斎藤 俊
  • スタジオ カドタ
  • 谷崎 舞華
  • 山崎 一夫
  • taroo 河下太郎
  • 鈴木 聡一郎
  • 渡辺 英行
  • 福山純生 (雀聖アワー)