麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
土田のオカルト 33.マーク者の安全牌を残す

土田のオカルト 33.マーク者の安全牌を残す

BULL2021求人ニルウッドカバー

 マークする人さえ決まれば、その人の安全牌を残すことは簡単です。配牌を取るときから理牌まででオーラを感じたら、その人の第1打を注視してください。例えば第1打がだとして、自分の手牌にがあれば不要でも残しましょう。多少手が狭くなってでも、マークしている人の安全牌は最低3枚残すことです。字牌を暗刻で持っているときは良いのですが、タンヤオ、平和のような手のときは安全牌が残りにくいので一番危険です。それでも三向聴であれば3枚、二向聴であれば2枚、マーク者の現物を残しましょう。
 第1打、第2打の段階でオーラを感じられなければ、一番点数がある人の現物を残しましょう。調子が良い人、マークしている人は、いつ立直がかかってきてもおかしくありません。マークしてない人の立直には、満貫でも跳満でも振り込んで構いません。麻雀はマークしている人に放銃することだけ避けていれば勝ちやすいです。共通安全牌はあまり必要ありません。
 マークしている人に放銃すると、場が偏ってしまいます。自分だけ助かればいいという考えは捨てて、マークしている人が立直をかけたら、マークしていない人に振り込むほうがいいです。これが私のオカルト的、マーク者の安全牌を残すという意味合いの核心です。

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top