麻雀ウォッチ

オススメ
検索
メニュー

連載25周年「アカギ」展が中野で開催 4月27日から

連載25周年「アカギ」展が中野で開催 4月27日から
近代麻雀
2017年04月04日 12:58

 近代麻雀で連載中の『アカギ ~闇に降り立った天才~』(福本伸行)が25周年を迎えたことを記念した『アカギ ~闇に降り立った天才~』展が、中野の『pixiv Zingaro』で4月27日(木)から5月9日(火)まで開催される。

 『アカギ ~闇に降り立った天才~』は、1992年6月より連載がスタートし、2017年に連載25周年を迎え、福本伸行の最長連載作品となった。

 現在発売中の『近代麻雀5月1日号』では、20年間戦い続けた鷲巣麻雀がついに決着し注目を集めた。

 本展では貴重なコミックス原画や、会場限定のグッズ販売はもちろん、本邦初公開となる30枚以上の新装版表紙イラスト等が展示される。また、福本の自宅にあるお宝グッズも多数展示予定のほか、サイン会やその他イベントも実施予定だ。

▼イベントページ
http://pixiv-zingaro.jp/exhibition/akagi

 

イベント概要

連載25周年「アカギ ~闇に降り立った天才~」展
日程:2017年4月27日(木)~5月9日(火) ※5月3日(水)はGW期間中のため、営業します。
時間:12:00~19:00
会場:pixiv Zingaro(東京都中野区中野5−52−15中野ブロードウェイ 2F)
入場:無料
企画:竹書房・pixiv
運営:Kaikai Kiki

 

『アカギ ~闇に降り立った天才~』とは

福本伸行の過去作品『天 天和通りの快男児』からのスピンオフとして、同作の登場人物である伝説の雀士“赤木しげる”の高い人気を受け、彼を主役としその若き日の伝説を築き上げていく姿が描かれた麻雀漫画。
1992年から『別冊近代麻雀』(竹書房)にて連載がはじまり、2017年に連載25周年を迎えた。現在も、福本伸行が描く最長連載作品としてその記録は更新され続けている。
これまでに本編単行本33巻(2017年3月時点)のほか、公式解説本『アカギ公式キャラブック』、公式戦術書『アカギ 入門の闘牌』 (竹書房)やアンソロジーコミック『アカギ ざわ・・ざわ・・アンソロジー』 (近代麻雀コミックス) 等の関連本も多数発売されている。
1995年、1997年には漫画を原作としてVシネマ作品が作られており、また2005年には、日テレ系列にてテレビアニメ化。さらに2015年には、BSスカパー!にてテレビドラマ化された。

 

福本伸行プロフィール

1958年、横須賀市生まれ。
かざま鋭二のアシスタントを経て、1979年に『月刊少年チャンピオン』連載の『よろしく純情大将』でデビュー。
主な作品に『天 天和通りの快男児』『アカギ~闇に降り立った天才~』『銀と金』『最強伝説黒沢』などがある。
1998年に『賭博黙示録カイジ』で、第22回講談社漫画賞受賞。

この記事を書いた人

麻雀ウォッチ編集部
麻雀ウォッチ編集部Twitter:@mjnewsnet
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイト。
■この投稿者の記事一覧

関連記事

プロフィール

麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイト。

著者リスト

  • 青木 さや
  • 学生麻雀連盟
  • 学雀連代表 げっち
  • きゅ~
  • 一井 慎也
  • 研タロウ
  • 女子麻雀サークル MAGNET
  • まろちょふ
  • 麻雀王国営業部 しーちゃん
  • 麻雀ウォッチ編集部ライター
  • 小鶴
  • 麻雀ウォッチ編集部
  • 麻雀新聞
  • 麻雀界
  • nakamura
  • ネマタ
  • 斎藤 俊
  • スタジオ カドタ
  • 谷崎 舞華
  • 山崎 一夫
  • taroo 河下太郎
  • 鈴木 聡一郎
  • 渡辺 英行
  • 福山純生 (雀聖アワー)