麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
逢川恵夢が逃げ切り初戴冠!/第17期女流雀王決定戦

逢川恵夢が逃げ切り初戴冠!/第17期女流雀王決定戦

麻雀格闘倶楽部全自動麻雀卓スリム

<第17期女流雀王決定戦>◇最終日(11~15回戦)

 日本プロ麻雀協会の女流タイトル『第17期女流雀王決定戦』(3日15回戦)の最終日が24日に行われ、2日目終了時点で首位だった逢川恵夢が58.9ポイントをプラスし、トータル245.4ポイントで初の女流雀王を獲得した。水瀬千尋が+7.4ポイントで2位。朝倉ゆかりが▲84.5ポイントの3位。中月裕子がトータル▲169.3ポイントの4位だった。

 初日は逢川と水瀬が共に70ポイント超の浮きでスタート。しかし、2日目に1回戦目である6回戦で逢川が中月から国士無双を和了。この日逢川は100ポイント近くプラスし、水瀬は50ポイント近くのマイナスとなり、最終日は逢川がリードして迎えることとなった。

 最終日の3回戦である13回戦終了時点で、逢川がトータル124.9ポイント、水瀬がトータル86.8ポイントと僅かの差となった。13回戦では中月が朝倉からの国士無双を和了したが、逢川まではまだ遠い位置となった。

 しかし14回戦で遂に包囲網を掻い潜り逢川がトップ。しかも水瀬を4着として大きな点差をつけて最終戦を迎えることに成功。最終戦も懸命に戦う他者の親を堅実に流しトップ。最後の2戦を連勝で締めくくり優勝を決めた。

 初の女流雀王戴冠となった逢川は「なるべく普段通りに打とうと初めから決めていて、自分ができる精一杯の麻雀はできたと思います。それに結果がついてきて本当に嬉しいです。まだまだ未熟で発展途上ですが、これからも努力致しますので、応援して頂けると幸いです。」と喜びと今後の抱負を語った。

優勝した逢川恵夢

得点表

 

配信

麻雀スリアロチャンネル

歴代女流雀王

第1期 手塚 紗掬
第2期 奥村 知美
第3期 崎見 百合
第4期 眞崎 雪菜
第5期 眞崎 雪菜(2)
第6期 崎見 百合(2)
第7期 朝倉 ゆかり
第8期 朝倉 ゆかり(2)
第9期 大崎 初音
第10期 大崎 初音(2)
第11期 冨本 智美
第12期 大崎 初音(3)
第13期 豊後 葵
第14期 佐月 麻理子
第15期 朝倉 ゆかり(3)
第16期 朝倉 ゆかり(4)
第17期 逢川 恵夢

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top