麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社

"お散歩ポメラニアン"田渕百恵のプロフィール - 鳴きが光った3試合も

BULL2021求人全自動麻雀卓スリムプラススコア

お散歩ポメラニアンこと田淵百恵はその名前の通り、"鳴き"が有名だ。数々の試合で魅せる麻雀プロの一人だが、麻雀のきっかけは半ば強制的にやらされたという経歴も面白い。そんな田渕百恵のプロフィール、雀風、彼女の特徴的な試合に迫ろう。

目次

田渕百恵の基本情報・プロフィールデータ

名前 田渕百恵(たぶちももえ)
生年月日 1991年6月1日
出身地 北海道
血液型 B型
趣味・特技 ・バドミントン
・料理
本人公式SNS Twitter
Ameba blog
所属団体 最高位戦日本プロ麻雀協会
プロ入会年 2015年
主なタイトル -
対局時のグッズ -

経歴

1991年:北海道にて生まれる
2007年:高校入学
2013年:大手自動車メーカーへ就職
2015年:最高位戦日本プロ麻雀協会北海道支部に入会

麻雀との出会い・きっかけ

田渕が麻雀と出会ったきっかけは姉である。麻雀に対して難しそうなゲームのイメージを持っており、当初は敬遠していた田淵だったが、姉のメンツ集めのためにルールを覚えさせられることになる。麻雀に触れ合う中で、少しずつのめり込むようになった田渕はゲームセンターのオンライン麻雀ゲームで訓練を積んでいく。

高校卒業後、田淵は自動車メーカーの工場に就職。ここが田淵の麻雀人生を大きく変えるポイントのひとつだった。田淵はその工場で上司や役職の人間が集まる麻雀に参加していた。そこに参加していたうちの1人はなんと最高位戦北海道支部の事務局長。その事務局長から最高位戦のプロテストを受けるように誘われた。一度は断った田淵だったが、働いていた自動車メーカーは縦社会で、仕方なく麻雀の勉強を始めたところ、最高位戦のプロテストに合格したのであった。

田渕百恵の打ち方や雀風

シンデレラリーグ2020にて、放銃を見事回避する田渕百恵

田渕の打ち方の特徴は「鳴き」である。2つ名の「お散歩ポメラニアン」は"とりあえず鳴いてみる"という田渕の雀風からも名付けられている。

実際、麻雀ウォッチシンデレラリーグでも彼女の鳴きぶりが発揮された。手牌がすべてタンヤオ牌になれば、[⑥][⑧]のカンチャンを残して、[2][3]の両面を切っていく。メンゼンのまま1シャンテンとなるが、鳴ける[五]がでると、すぐにポンしてタンヤオのテンパイを取り、順位争いでライバルの中月から5800点の直撃を決める。鳴いて先制テンパイを目指す田渕らしさが出た和了である。

お散歩先は最高の景色。田渕百恵のグレート・ジャーニー【麻雀ウォッチ シンデレラリーグ 第2節予選Cブロック2卓】

田渕百恵の対局時の様子

麻雀ウォッチ シンデレラリーグ 2018 予選第3節CブロックB卓

©AbemaTV

予選Cブロックの最終節、田渕はブロック5位。このままでは予選敗退となるポジションにいた。しかし1回戦の南3局、与那城が先制リーチをかけているところへ果敢に喰らい付く。結果的にリーチ・タンヤオ・ピンフ・三色同順・ドラ3の倍満をアガリ、トップを取った。好調なスタートを決めた田渕であったが、2・3回戦でポイントを減らして再びピンチとなる。

しかし4回戦の南場親番でタンヤオ・ドラ3を和了。南3局でも發・ホンイツ・トイトイ・ドラ3の倍満をアガリ、4回戦でトップを取ることでプレーオフへの進出を決めた。

山本ひかる、与那城葵が準決勝進出 田渕百恵はプレーオフ1stへ/ 麻雀ウォッチ シンデレラリーグ 2018 予選第3節CブロックB卓

麻雀ウォッチ シンデレラリーグ2020 第2節Bブロック1卓

この日の1回戦は夏目、2回戦は与那城、3回戦は篠原がトップと自分以外がトップを交代で取るという、田渕にとって厳しいスタートになった。しかし4回戦の南3局で田渕に最高のチャンスが回ってくる。なんと大三元のテンパイ。和了できれば一気にマイナスを返済するチャンスであった。しかし敢えなく流局となり、田渕はBブロック7位とプレーオフが遠くなってしまった。

与那城葵がポイントを伸ばしてグループ首位をキープ 田渕百恵、篠原冴美は大三元聴牌で見せ場を作るも上位進出ならず/ 麻雀ウォッチ シンデレラリーグ2020 第2節Bブロック1卓

麻雀ウォッチ シンデレラリーグ 2018 予選第2節Cブロック2卓

©︎麻雀スリアロチャンネル過去放送動画

この日の対局前における田渕のブロック順位は6位で予選敗退圏内だった。ポイントを稼ぎたい田渕は1回戦のオーラス親番でねばり逆転トップ、2回戦も、東1局から、清一色・ドラ1の12000を和了するなど好調で連勝スタートを決めた。結果的に3・4回戦は3着2着と無難にまとめた田渕はブロック4位のプレーオフ圏に浮上することができた。

田渕百恵と丸山奏子が2トップでスコアを伸ばす/ 麻雀ウォッチ シンデレラリーグ 2018 予選第2節Cブロック2卓

田渕百恵のスキャンダル・うわさ

田渕百恵と近藤誠一の関係

Mリーガーの近藤誠一選手は所属団体が最高位戦日本プロ麻雀協会と田渕の先輩である。普段から田渕のことを気にかけているようで、『麻雀遊戯王』というyoutube動画内で、普段から田渕のブログを見ていると発言している。

出展:本ページは(株)竹書房様からの転載許可に基づいて掲載しております

本記事に関するご紹介

株式会社 竹書房(近代麻雀 THE WEB
 東京都千代田区飯田橋2丁目7番3号
 

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top