麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
中山百合子が大接戦を制して2度目の優勝!/麻雀ウォッチ シンデレラリーグ2021 決勝結果

中山百合子が大接戦を制して2度目の優勝!/麻雀ウォッチ シンデレラリーグ2021 決勝結果

BULL2021求人ニルウッドカバー

麻雀スリアロチャンネルの本格女流リーグ戦「麻雀ウォッチ シンデレラリーグ2021 決勝」が7月25日に開催された。

▼放送URL
ABEMA

【対局者】
中山百合子(協)
田渕百恵(最)
梅村日奈子(μ)
中月裕子(協)

歴代シンデレラの中山、梅村、シンデレラリーグ初戴冠を目指す田渕、中月の戦いとなった。

準決勝A卓結果
準決勝B卓結果

決勝戦

決勝戦は4戦勝負で優勝者が決する。

3回戦終了時点のポイント ©ABEMA

順位点が40-10-▲10-▲20のシステム、中月は苦しい状況となったが、中山、梅村、田渕はトップを取れば優勝という条件で最終戦を迎えた。また、2着と3着でも20ポイント差がつくので、梅村は中山との2着3着+5600点差、田渕は中山との2着3着+10100点差をつける形でも条件を満たすこととなる。

東1局1本場で中月が6000オールで抜け出し梅村、田渕にとっては厳しい展開に。

しかし東3局で梅村が4000オール。2着目に浮上して一旦中山をかわして優勝ポジションに立った。

東3局 梅村の4000オール ©ABEMA

その次局は中山が中月から5200のアガリ。再び素点の差で梅村の上に立った。

東3局1本場 中山の5200 ©ABEMA

大きく勝負を分ける局となったのは東4局。梅村と中月の2軒リーチは中月が梅村から8000のアガリ。梅村にとっては痛恨の結果となった。

東4局 中月の8000 ©ABEMA

最終戦苦しんでいた田渕も南1局に逆襲。中月との2軒リーチを制して12000のアガリで大混戦にもつれ込んだ。

南1局 田渕の12000 ©ABEMA

南2局にも田渕がトップ浮上を目指したリーチに出たが、中月が2000・4000で一歩最終戦のリードを広げた。

南2局 中月の2000・4000 ©ABEMA

南3局では親の梅村が連荘。1本場でも田渕から5800のアガリで2着目に浮上。中山とのマッチレースの様相に。

南3局1本場 梅村の5800 ©ABEMA

2本場では仕掛けた中山のかわしが決まり、ゲームは遂にオーラスを迎えた。

南3局2本場 中山の1000 ©ABEMA

オーラスは田渕が倍満ツモ、中月・中山から3倍満、梅村から役満条件。
梅村はツモなら1000・2000、中山から2600、田渕・中月から5200という条件で迎えた。

南4局 田渕のリーチ ©ABEMA

先にリーチに出たのは田渕、タンヤオ平和一盃口赤赤、ツモって一発、海底か裏1で倍満の手に育て上げた。

南4局 梅村のリーチ ©ABEMA

5200以上のアガリで条件を満たす梅村はドラを暗刻としての追いかけ立直となった。

中山は降りに回りこの局の結末を見届けた。田渕の海底ツモにはアガリ牌はなく、流局となり中山が激戦を制して優勝を勝ち取った。

決勝戦結果 ©ABEMA

優勝した中山は「ここに来るまでにたくさんの方々と戦って、その皆さんの気持ちを背負って戦えたかなと思います。最終戦は放銃しないように進めるのが精いっぱいで、かっこ悪い戦い方だったかもしれません。今回の対戦相手は皆本当に強くて、一緒に戦えた事が今後の人生の糧になると思います。」と喜びを語った。

スケジュール一覧

ガラスの靴を履くのは誰だ!? 麻雀ウォッチ シンデレラリーグ 2021年度も開催決定! 出場者、スケジュール一覧

関連リンク

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top