麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
お散歩先は最高の景色。田渕百恵のグレート・ジャーニー【麻雀ウォッチ シンデレラリーグ 第2節予選Cブロック2卓】

お散歩先は最高の景色。田渕百恵のグレート・ジャーニー【麻雀ウォッチ シンデレラリーグ 第2節予選Cブロック2卓】

CABO求人全自動麻雀卓スリム

最高位戦日本プロ麻雀協会には、飛び抜けてブログが面白いと言われる三巨頭がいる。

1人目は浅見真紀。千葉大学大学院を卒業している才女でもある彼女は、知己に富んだボキャブラリーで笑いを誘う。

2人目は神尾亮。かつてネット界で一世を風靡したテキストサイトを彷彿とさせる計算し尽くされた文体は、読んでいてじつに小気味いい。

そして今回の観戦記の主役である田渕百恵だ。

捉えどころのないフワフワとした文体かと思いきや、時おり見せるジャックナイフがごとく切れ味鋭い言い回し。紆余曲折の連続で、ついつい中毒になってしまう魅力にあふれている。

 

そんな彼女のキャッチフレーズは、知人が考案したという「お散歩ポメラニアン」。これだけだと何のこっちゃと思う方もいるだろうが、麻雀における「お散歩」とは、主に「とりあえず鳴いて前進してみること」を指す。鳴き麻雀に重きを置く百恵ちゃん(本人がこう呼ばないと嫌がるので、今回は馴れ馴れしく書かせていただきます)を表したキャッチフレーズなのである。なお「ポメラニアン」と名付けられたのは、おそらく何となくである。

 

麻雀ウォッチ シンデレラリーグ予選第2節の最終日となったこの日、現在ブロック内6位の百恵ちゃんは、7位の中月、4位の川又、3位の丸山と対戦。Cブロックは上位2名が大きく抜けている状況だ。それを踏まえると、3位と4位と同時に対戦できるのは、最終節へと向けて都合がいい組み合わせとも言えそうだ。

 

「この1ヵ月半が、本当につらかったです。負けたまま次に挑むというのは、つらいものですね。赤アリ、アガリ連荘ルールの練習も、強い人たちに付き合ってもらいました。(山田)独歩さんとか、片山(まさゆき)先生とか。あとはこのルールに慣れている人に、牌姿を持って行って意見を聞いたりしていました。アガリ連荘なので、リーチ判断が難しいんですよね。で、悩んだ結果やっぱり鳴いちゃおうという結論になりました」

 

麻雀を覚えたての頃から、とにかく鳴きが好きだったという百恵ちゃん。彼女の一面を表すこんなエピソードがある。

 

「昔は『出るポン、出るチー』で、とにかく鳴いていました。それで、お世話になっていた麻雀荘の方から『お前はもう鳴くな』って言われたんですよ。でも、すごく鳴きたくて。ある時、その人が私の後ろで見ている時に、涙をぽろっと流しながらポンと言ったことがありまして(笑)。本当に、一粒だけポロッて出たんですよ。で、その人に笑われながら『お前はそれでいいよ』って認めてもらえるようになったんです。私も、鳴いても強くなるようになれば文句言われないだろうと思うようになりました」

 

鳴けなくて、泣く。そんな冗談じみたエピソードを、百恵ちゃんは流暢に明かしてくれた。さすが三巨頭の一角である。

 

第1節は手が入らず、得意のお散歩を駆使する局面が少なかった。「完全にお留守番でした。ハウスでした」(百恵ちゃん談)という状況の中、▲61.6pの負債からスタートしてしまった。これを一気に返上すべく、百恵ちゃんは1回戦から積極的にお散歩を開始する! 今回の観戦記では、彼女の仕掛けをピックアップしつつ、百恵ちゃん流のお散歩術を解き明かしていこうと思う。

 

お散歩するための身支度の整え方

 

1回戦オーラス2着目の親番、トップ目の中月とは20000点弱の差という状況で、5巡目に以下の牌姿。さぁ、何を切る?

赤が2枚あって、満貫が十分に見える。タンヤオやイーペーコーも絡めば、6000オールも現実的だ。門前手順なら、を切っていくのがマジョリティだろうか。

百恵ちゃんはを切って、リャンメンターツを払っていった。高打点の手で一撃でトップ目に立てれば理想的だが、トップ目の中月は一刻も早くこの局を終えたい状況だ。門前にこだわっている間に後手を踏んで、軽く蹴られてしまったら元も子もない。ならばタンヤオ仕掛けの妨げになる の価値は低くなる。そして何より、中月がを2枚、川又がを2枚、丸山がを1枚、それぞれ早々に河に放っている。は、いかにも山に眠っていそうだ。全日本場況厨協会の名誉会員である僕、歓喜の瞬間である。

思惑通り、がズボッとカンチャンを埋める。

として十分形へ。 5も山にいそうではあるが、4枚見えではさすがに分が悪いか。場況に溺れないバランス感覚だ。

中盤、中月がをポン。バックとトイトイを見据えた仕掛けだ。

この仕掛けに敏感に反応する百恵ちゃん。門前への未練など一切感じさせず、川又の放ったを悠然とポンした。

この仕掛けが中月のテンパイ打牌を捉え――

うれしすぎる5800点の直撃。

「赤2枚で打点があって、中月さんから直撃できれば十分においしい。中月さんが攻撃的な打ち手で、あの局面はさらに前に出てくるだろうと予想していたので、今回の選択を取れました」

その後、百恵ちゃんはリーチ・一発・タンヤオ・ツモ・赤1の4100オールも決め、トップで1回戦を終えることに成功した。

 

>>次ページ 門前にこだわらないお散歩とは!

新着記事

Return Top