麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
渋川が2連勝でリード /第13回野口賞

渋川が2連勝でリード /第13回野口賞

CABO求人全自動麻雀卓スリムプラススコア

 第13回野口恭一郎賞男性棋士部門最終審査第1節が6月2日に行われ、渋川難波(日本プロ麻雀協会)が2連勝。次回は7月7日に開催され、受賞者は麻雀最強戦やモンド杯に出場する権利を得られる。

 最終審査に残ったのは、柚木正仁(日本プロ麻雀連盟)、柳田憲昭(日本プロ麻雀協会)、増田隆一(日本プロ麻雀連盟)、渋川難波(日本プロ麻雀協会)。1回戦をトップの渋川は2回戦のオーラス、8000点差の2着目からピンフドラ1のリーチをかけ、これを一発でツモってマンガン。柳田を逆転して2連勝とし、残り2回戦を残してかなり有利な状況となった。

第13回野口恭一郎賞男性棋士部門最終審査 第1節
順位名前Total1回戦2回戦
1 渋川難波 96.2 48.5 47.7
2 柚木正仁 ▲8.4 11.0 ▲19.4
3 柳田憲昭 ▲22.0 ▲37.7 15.7
4 増田隆一 ▲65.8 ▲21.8 ▲44.0

 

【野口賞とは】
日本における麻雀棋士道の確立を目標とし、品格・雀力・知識の三点を兼ね備えた、21世紀の麻雀界を担う若手棋士を発掘することを目的とし、竹書房創業者である故・野口恭一郎が2001年に創立したもの。毎年男女一人ずつ選ばれており、受賞者は未来の麻雀界を担う使命を帯びるとともに、麻雀最強戦やモンド杯に出場する権利を得られる。

【主催】近代麻雀
【資格】各プロ団体に所属する1980年(昭和55年)生まれまでの麻雀プロ。
【副賞】麻雀最強戦2015男流プロ代表決定戦・第16回モンド杯の出場権を与える。

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top