麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
雀魂を舞台にしたRMUタイトル戦「第3期闘魂杯」1月13日より予選開始

雀魂を舞台にしたRMUタイトル戦「第3期闘魂杯」1月13日より予選開始

BULL2021求人朝宮あろま

人気オンライン麻雀ゲーム『雀魂』で開催される、麻雀プロ団体「RMU」(代表:多井隆晴)の公式タイトル戦「闘魂杯」の第3期が開催されることが決定した。

第1期、2期に引き続き、Vtuberの咲乃もこがスペシャルゲストとして大会を盛り上げる。

第3期からルール変更があり、RMUのAルールに近いルール「雀魂RMUルール」が採用されることになった。

スペシャルゲスト:咲乃もこ

 

予選から決勝まで全てをオンラインで対局するという新しい試みのタイトル戦「闘魂杯」。その反響は大きく、闘魂杯を見てRMUに入会した選手が大きく増えたという。

前回に続き、段位によってシードを得られる仕組みが導入されている。

1次予選では、1月31日までに「雀傑1」以上の選手が2次予選に進出。

「雀聖」の選手は3次予選に、最高段位の「魂天」の選手は本戦へジャンプアップとなる。

2次予選、3次予選はオンラインで行い、連続した4戦の最高合計得点を競う。

3月12日の本戦は、3次予選勝ち上がり者にSS級ライセンス4名(松ヶ瀬隆弥谷井茂文、阿部孝則、河野高志)、魂天3名(細谷拓真、安井勇樹、麻宮あかね)を加えた16名で行う。

3月19日は、本戦勝ち上がりの5名と多井隆晴、楢原和人(第14期令昭位)、武則輝海(第2期闘魂杯優勝・魂天)の8名で、2卓に分かれ、半荘2回戦のトーナメント(上位2名が勝ち上がり)を行い、各卓2名が決勝進出となる。

決勝は半荘2回の合計得点で競う。

ルール

第3期からルール変更があり、RMUのAルールに近いルール「雀魂RMUルール」が採用されることになった。

第2期までは雀魂の段位戦ルールが採用されていた。

大きな所だと、25000点から30000点スタートになり、ウマが10-20から5-15になる。

赤ドラ、切り上げ満貫、トビ、途中流局、アガリやめ、テンパイ止め、ダブル役満は無しとなる。

大会日程

2023/1/13~2023/1/31 1次予選
2023/2/5(日)  2次予選
2023/2/11(土祝) 3次予選
2023/3/12(日) 本戦日(16名)【Youtube雀魂公式チャンネルで生放送】
2023/3/19(日) ベスト8&決勝【Youtube雀魂公式チャンネルで生放送】

第1期闘魂杯

雀魂で開催された初のRMUの公式タイトル戦『第1期闘魂杯』は斎藤みつたかが優勝!エキシビジョンではVtuber咲乃もこさんが大三元字一色のダブル役満を和了!!

第2期闘魂杯

雀魂で開催されたRMUの公式タイトル戦『第2期闘魂杯』は武則輝海が優勝!決勝1回戦で松ヶ瀬隆弥の国士無双が飛び出すも2回戦で大逆転!

雀魂 について


オンラインで全国のプレイヤーとリアルタイムに対戦できる麻雀ゲームです。
全世界のプレイヤーと対戦を行うことができる「段位戦」、チャットを送れる友人と好きなルールで対戦できる「友人戦」、プレイヤー同士で開催/参加できる「大会戦」など様々な対戦スタイルにより、麻雀の初心者から上級者まで幅広くお楽しみいただけます。

・プレイヤーは可愛らしく描かれたキャラクター達と共に対戦します。
・他のプレイヤーとのチャットには、キャラに応じた多彩な表情のスタンプを使用することができます。
・キャラクターのボイスは内田真礼さん、小清水亜美さんなど人気声優を起用。ホーム画面やプレイ中に可愛らしい声を聞くことができます。
・キャラクターには好感度のパラメーターも設定されており、アバターとしての使用や、アイテムを贈ることで好感度を上げることができます。好感度が上がることで、追加ボイスやアバターのCGが変化する機能の開放など、様々なシーンでキャラと触れ合い関係を深めることができます。

■webブラウザ
https://mahjongsoul.com/

■DMM版
https://dmg.mahjongsoul.com/

©2019 Soul Games, Inc.
©2019 Yostar, Inc. All Rights Reserved.

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top