麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
水谷、松田が2トップで好スタート / 麻雀ウォッチ シンデレラリーグ 2018 予選第1節Bブロック2卓

水谷、松田が2トップで好スタート / 麻雀ウォッチ シンデレラリーグ 2018 予選第1節Bブロック2卓

麻雀の頂全自動麻雀卓スリム

 麻雀スリアロチャンネルの本格女流リーグ戦「麻雀ウォッチ シンデレラリーグ 2018 」予選第1節Bブロック2卓が12月04日に開催された。

▼放送URL
麻雀ウォッチ シンデレラリーグ 2018 予選第1節Bブロック2卓



【対局者】(写真左から)
松田麻矢(最高位戦日本プロ麻雀協会)
水谷葵(日本プロ麻雀協会)
都美(日本プロ麻雀協会)
木村明佳吏(最高位戦日本プロ麻雀協会)


去年準優勝した水谷の初陣となった。

1回戦は序盤は都美が大きく抜け出したが、東4局の親番で木村があがりを重ね、トップに浮上した。しかしその後水谷が追い上げ、オーラスに先制リーチの木村から満貫をアガリ逆転でトップに浮上した。都美、木村はいずれも5万点を超えたところからの悔しいまくられとなった。

2回戦は接戦のまま終盤まで進んだ。オーラスは5000点差以内に全員がひしめく展開。水谷がオーラスに木村からのアガリを決め連勝となった。

3回戦は東1局に木村が3000・6000のアガリを決めたが松田も2000・4000のアガリで反撃。東3に松田はトップ目に浮上し東4に木村から12000のアガリを決めて大きくリードして逃げ切り。2着争いはオーラス松田以外の3者の微差の争いとなったが、都美の1人聴牌となり、都美が2着を確保した。

4回戦は水谷と松田がトップ争いで進めたが、南3局に都美が4巡目に跳満確定待ちリーチを打つも松田が辺待ちの追い掛けリーチをツモあがり1300・2600。オーラスもあがりをきめ連勝でトータルポイントをプラスとした。

トータル+61.2となった水谷は「楽しく麻雀を打つことができました。引き出しを増やしていこうと思って色々やってみました。まだ1節目なので残り2節も頑張ります。応援よろしくお願いいたします。」と語った。

来週12月11日の12時からCブロック1卓が開催される。対局メンバーは川又静香、田淵百恵、日當ひな、与那城葵となる。


関連リンク

 

 

 

 

 

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top