麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
夏目智依が+109.0ポイントの快勝/ 麻雀ウォッチ シンデレラリーグ 2018 予選第2節Bブロック1卓

夏目智依が+109.0ポイントの快勝/ 麻雀ウォッチ シンデレラリーグ 2018 予選第2節Bブロック1卓

CABO求人全自動麻雀卓スリム

 麻雀スリアロチャンネルの本格女流リーグ戦「麻雀ウォッチ シンデレラリーグ 2018」予選第2節Bブロック1卓が1月15日に開催された。

▼放送URL
麻雀ウォッチ シンデレラリーグ 2018 予選第2節Bブロック1卓

 

【対局者】(写真左から)
夏目智依(RMU)
中山百合子(日本プロ麻雀協会)
木村明佳吏(最高位戦日本プロ麻雀協会)
松田麻矢(最高位戦日本プロ麻雀協会)

Bブロック3位の松田、5位の中山、6位の夏目、8位の木村の対局となった。

1回戦では夏目が南場の親番でアガリ連荘というルールを把握したリーチ判断が活き、親番で6本場まで積み上げ得点を重ねトップとなった。

2回戦でも夏目がトップで連勝。派手な点棒のやり取りは無かったものの、全員2万点台の南2局3本場供託4本という状況で、2000点は2900点、供託と合わせて6900点の収入を得るアガリが決め手だった。

3回戦ではディフェンディングチャンピオン中山が5万点超えの大きなトップ。連勝した夏目が東2局、中山に12000点を放銃。その後中山は2600は2700オールをツモアガリ、更に加点。南3局で夏目から8000と着実に高打点をアガリ、最終的には58700点のトップとなった。

4回戦では夏目が本日3回目のトップ。東2局1本場での中山、木村の2軒リーチをかいくぐり7700点は8000点を木村から出アガリ。供託の3000点と本場を合わせて11300点の収入となった。このリードを守り切り、夏目は3回分のトップで109、0ポイントと大きいく稼いだ。

夏目は「前回なかなかアガれなかったので、今日は結果に繋がって良かったです。最終節望みが残せる結果に終われて本当によかったと思います。最終節も今日みたいな麻雀が打てるように頑張ります。」と語った。

次回は1月22日の12時から第2節Bブロック2卓が開催される。対局メンバーは塚田美紀、都美、樋口栄佳、水谷葵の対局となる。

関連リンク

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top