麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
ポーカーフェイスのシンデレラ~都美の打ち回しが秀逸すぎた件~【麻雀ウォッチ シンデレラリーグ 第2節予選Bブロック2卓】

ポーカーフェイスのシンデレラ~都美の打ち回しが秀逸すぎた件~【麻雀ウォッチ シンデレラリーグ 第2節予選Bブロック2卓】

CABO求人全自動麻雀卓スリム

「前回よりメチャクチャ強くなってましたね! ラフな放銃、雑な打ち回しがなくて、守備の時の気の使い方がすばらしかった。そりゃベタ褒めしますよね」

対局の合間に、解説の河野直也が興奮気味の様子で僕に声をかけてきた。話題の中心は、日本プロ麻雀協会所属の「借りてきた猫」こと都美。Aリーグ経験もあり、最高位戦日本プロ麻雀協会の次期エース候補と目されるイケメン雀士が、彼女の対局に最大限の賛辞を送っていた。もちろん解説という立場上、河野はフラットな視点で対局を見ている。それでも礼讃の言葉がやまないほど、都美の打ち回しが見事だったのである。

都美の麻雀ウォッチ シンデレラリーグ出場は、今回で2回目。前回は序盤に大きくポイントをロスしてしまい、本領を発揮する前に予選で涙を呑んだ。しかし、都美の真価は守備にこそある。勝負どころできっちりとアガりきり、その後は大崩れしない。そんな堅牢さを、この日は存分に堪能することができた。

今回の観戦記は少し趣向を変えて、河野の解説を織り交ぜながら対局を振り返っていこうと思う。

この日はBブロック1位の塚田(136.2p)、2位の水谷(61.2p)、5位の都美(5.6p)、6位の樋口(▲63.8p)という組み合わせ。上位陣と直接対決する機会に恵まれた折り返し地点ということで、この対局はまさしくターニングポイントと言えた。

1回戦を手堅く2着でまとめて迎えた2回戦東1局。

チートイツ・赤1のテンパイを果たした都美は、打とし、待ちのヤミテンに構えた。

「これ、すごくないですか!?」

と、河野が鼻息を荒くした。

じつに秀逸な一打だと思う。3や7の尖張牌(せんちゃんぱい)より、ヤオチュウ牌の方が牌理上余りやすい。そのため待ちに取る打ち手も多そうだが、 を引けばイーペーコー・赤1のシャンポン待ちへも変化する。と心中するよりも、この方がアガリ率は高そうだ。
それに、親の樋口が2巡目にを切っていることも待ちを選んだ根拠となっていそうだ。は樋口に対して比較的安全そうだし――

今回のように、樋口からこぼれる可能性も増える。

まさしく目論見通り。会心の3200だった。

同じく2回戦の南2局5本場。供託が3本あり、アガれば4500点の加点が確定する。全員が20000点台ということもあり、まず間違いなくスピード重視となる局面だ。

まずは水谷がカンをチー。

同巡、塚田がをポン。

直後、都美はカンをチーしてバックのテンパイ一番乗りを果たした。

テンパイ二番手は塚田。を345でチーした後、を重ねてペン待ちに。

さらに、唯一門前だった樋口が、塚田の当たり牌であるを使い切って 待ちのリーチをかける。

そして水谷も、樋口の宣言牌のをポンしてカンのテンパイとなった。この煮詰まった局面で、全員テンパイという激アツ展開!!

そんな中、都美の元へ全員に無筋のがやって来る。をすでに切っているために、バックでアガるためのテンパイを維持するなら、を切るしかない。

が、都美は切りを選択した。

「マンズとソーズは全部切るつもりでいました。供託が大きすぎるから自分がアガるつもりで行くんですけど、は切れなかったですね。誰かに当たっても厳しい状況になってしまうので。それに、ラス目の樋口さんがツモる分にはいいかなとも思っていました」

そう都美は述懐する。これを受けた河野は、またしても都美を絶賛するのだった。

「あそこでを打つのは雑な放銃かもしれないけれど、見返りが大きすぎて僕なら押してしまうと思います。ほぼトップ確定みたいになるので、そっちの見返りに甘えちゃう。だけど、都美ちゃんは甘えなかった。打ち手として一貫性を持つのなら、あそこは絶対に打っちゃいけない。素晴らしい一打でした」

結果としてを切っても放銃にはならず、直後に自力でを持ってきたことでアガリを逃した選択ではあった。だが、実際に樋口と水谷はピンズ待ちであったし、僅差とはいえ現状はトップ目だ。リスクを最小限に抑える打ち回しは、都美の大きな強みだと思う。それにを中抜いたとはいえ、完全撤退というわけではない。

ソーズを1メンツ落としていき――

道中に持ってきたも重ねて、再びテンパイへとこぎつけた。

この局は塚田の300-500は800-1000のツモアガリで決着した。だが、そのポーカーフェイス同様に自身のスタイルを崩さなかった都美の一貫性に、河野のボルテージはさらに上昇するのだった。

続く南3局、都美は塚田と5500点差の2着目。トップ目を射程圏内にとらえたまま迎えた親番で、ドラのがトイツになる。

同巡、樋口がこの超好形1シャンテンからをリリース。

絶妙すぎるタイミングでをポンすることに成功し――

この半荘の決定打となる4000オールをものにした。この日、都美は終始好調だったが、いわゆるツイていた局面と言えば、このシーンくらいだったように思う。

前半2戦で、都美は63.1pを獲得。順風満帆な展開で、後半2戦へと臨んだ。

>>次ページ 3回戦、都美のスーパープレーが!

 

 

新着記事

Return Top