麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
日々の努力で紡がれた、梅村日奈子のシンデレラストーリー

日々の努力で紡がれた、梅村日奈子のシンデレラストーリー

BULL2021求人全自動麻雀卓スリムプラススコア

「将妃決定戦」を連覇して臨んだ「麻雀ウォッチ シンデレラリーグ2020」でも優勝するなど、麻将連合の看板女流プロともいうほどの活躍を続けているのが、梅村日奈子だ。それでも本人は「まだまだ見習いです」と語り、日々の鍛錬を欠かすことはない。そんな謙虚な姿勢と努力によってつかんだ栄冠は、まさしくシンデレラストーリーそのもの。本記事では、梅村が積み重ねてきた麻雀ストーリー、彼女の魅力について紹介していきたい。

目次

梅村日奈子の基本情報・プロフィールデータ

名前 梅村 日奈子(うめむら ひなこ) 
異名 流氷のコロポックル、うめぴこ
生年月日 6月25日
出身地 埼玉県
血液型 A型
趣味・特技 点滴
本人公式SNS Twitter
所属団体 麻将連合
プロ入会年 2017年
主なタイトル 第8・9期 将妃
シンデレラリーグ2020優勝

梅村のTwitterには、競技麻雀に関する投稿が多い。ゲームやパチンコ・パチスロ、公営競技の配信など、麻雀以外の仕事にも忙しいという女流プロも増える中、麻雀に対する熱量の高さがひしひしと伝わってくる。対局観戦も好きだという梅村は、その対局について書き込んでいるノートの写真をアップすることも。そんな梅村は、将来の目標として「強い麻雀打ちになる」ことを挙げている。梅村の強さに貪欲な姿勢が普段の活動からもうかがえるだろう。

経歴

2017年:麻将連合の2017年度ツアー選手に
2018年:第8期将妃
2019年:第9期将妃
2020年:麻雀ウォッチ シンデレラリーグ2020で優勝

麻雀との出会い・きっかけ

大学時代にアルバイトを探そうと手に取った求人雑誌で、目に止まったのだ雀荘だったという梅村。麻雀はまったくの素人で、面接前にタンヤオと平和だけは覚えたそうだが、そこから麻雀のゲーム性に魅せられていく。雀荘での勤務に加えて、オンライン麻雀の天鳳をやり込むようになった梅村。天鳳つながりで木原浩一のブロマガの購読を始め、直接指導も受けながら腕を上げていく。そして、「団体のシステムや雰囲気が自分に合っていた」という麻将連合に入り、プロとしての活動をスタートさせた。

梅村日奈子の打ち方や雀風

梅村は、副露率が低く守備寄りのプレースタイルが特徴だ。攻めはリーチを基本としており、オンライン麻雀で腕を磨いてきた選手としては珍しいタイプといえる。自分の手牌がプッシュするに値するか判断することに長けており、それを基準に立ち回りの方針を判断している。データ面も合わせて、典型的な守備型プレーヤーに見えるかもしれないが、攻撃の精度は高い。プロ入り前から木原に師事していたこともあり、木原仕込みの破壊力十分な攻めを見せることもある。

梅村日奈子の対局時の様子

第8期将妃決定戦 2018/11.4

©麻将連合

リスクリターンの判断が好結果を呼び込んだこの対局。最終戦を残して、接戦とはいえ梅村は3番手。東4局その2、純チャン三色を視野に構えた梅村だったが、他家からリーチが入った時にはまだ1面子。形を変えながら手を進めるが、もう1軒リーチが入る。しかし、降りるメリットがないと見た梅村は、ここからペンチャンターツを払っていく。そして追いつき3軒目のリーチへ。ここをツモった梅村が、自身初となるタイトルを大きく引き寄せたのだった。

梅村日奈子が初の将妃に/第8期将妃決定戦

第9期将妃決定戦 2019/12.7

©麻将連合

2回戦南1局その1、出来メンツがないどころか、相当苦しい配牌の梅村だったが、絶妙な組み立てと丁寧な打牌選択が光った。一発・裏ドラなしのルールのため、しっかり打点をつけようと意識するなかで、中盤に選択の場面が訪れる。

3つのターツのうち、役なしになってしまうリャンメンの受けを嫌い、落としていくのである。受け入れは狭くても当初の構想通りに三色を狙っていき、アガリにまで結び付けた。親番ながらどっしり構え、打点を見据えた梅村の胆力が発揮された対局となった。

麻雀ウォッチ シンデレラリーグ2020 第1節Aブロック2卓 2020/3.20

超が付く激戦を制して今大会を優勝した梅村だが、ここでは初登場となった第1節を振り返る。団体を背負う意気込みで臨んだ梅村は、持ち前のリーチを中心とした攻めで2連続トップ。続く3戦目、東3局2本場はオタ風ポンからチャンタとホンイツを両にらみに。素早くホンイツに切り替えると、役牌を暗刻にしてから、出アガリをものにした。オタ風の仕掛けから無駄のない手順で、5200まで手を高める。違った一面も見せつけて3連勝を飾り、「梅村強し」を印象付けた。

梅村日奈子が3連勝を決めて+100ポイント越えの好スタート!/ 麻雀ウォッチ シンデレラリーグ2020 第1節Aブロック2卓

SNSでの評価・評判

Twitterからは、梅村の麻雀愛が伝わってくるが、熱い声援を送るファンや、まじめな後輩をかわいがる先輩たちの姿も浮かび上がってくる。

梅村は「流氷のコロポックル」だけでなく、「うめぴこ」の愛称でファンからも諸先輩からも親しまれているようだ。

麻雀ウォッチ シンデレラリーグを制したことを喜ぶツイートも多く見られた。

梅村のシンデレラリーグ連覇にも期待が集まっているが、果たして?

梅村日奈子のニュース・こぼれ話

梅村は北海道出身?

「流氷の紳士」こと木原浩一を尊敬していることから、梅村のキャッチフレーズは「流氷のコロポックル」となった。日本で流氷と言えばオホーツク海だが、北海道道東出身の木原プロに対して、梅村は流氷どころか海に面していない埼玉県出身。それを知ってか知らずか、木原のファンからは「梅村さんも北海道なんですね」との声も上がっている。

鳴き麻雀の高打点狙いに転向?

麻将連合のリーグ戦配信では、実況も務める梅村。会場へ向かう前のツイートには、その日の持ち物の写真が。勉強熱心なことで知られる梅村だが、写っていた本のタイトルはなんと「高打点鳴き麻雀」。副露派に転向するのかと思いきや、その本は配信で解説を担当する矢島亨プロの著作。解説者についての予習も欠かさないとは、真面目一本の梅村だった。

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top