麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
参加費無料!昨年度は延べ約900人の学生が参加!小学生から大学院生の学生雀士が混ざり戦う「雀魂杯オンライン学生麻雀カーニバル 2022東場」開催!

参加費無料!昨年度は延べ約900人の学生が参加!小学生から大学院生の学生雀士が混ざり戦う「雀魂杯オンライン学生麻雀カーニバル 2022東場」開催!

BULL2021求人朝宮あろま

日本最大の学生麻雀団体である一般社団法人学生麻雀連盟(所在地:東京都渋谷区、理事長:山田独歩、以下 学雀連)は、2022年7月に「雀魂杯オンライン学生麻雀カーニバル 2022東場」(以下 雀魂杯東場)を開催いたします。

▼大会詳細ページ

大会趣旨

雀魂杯東場は、学雀連が主催するオンライン学生麻雀大会です。後援の株式会社Yostarが提供する、麻雀ゲーム「雀魂」を使用して行います。小学生以上の学生(条件あり)が参加可能です。

予選はランダム戦で、成績上位32名がトーナメント形式の本戦へと進み、勝ち上がり4名で決勝戦を行います。決勝戦終了後は、エキシビションマッチを開催いたします。決勝戦およびエキシビションマッチは、YouTubeの麻雀ウォッチチャンネルにて生配信いたします。


昨年度は3回雀魂杯を開催し、延べ約900人の学生さんに参加していただきました。今年度も、東場・南場・西場と3回の開催を予定しており、東場は通常の学生麻雀連盟ルール、南場は三人麻雀、西場は東風戦と開催ごとにゲームのシステムを変更いたします

さらに3大会すべての決勝は、選手がスタジオに集まりリアルで雀魂をプレイするスタイルで行います。オンライン麻雀はリアル麻雀よりもハードルが低いため、初心者の方も含め、より多くの学生に参加していただけるよう取り組んでいく所存です。

大会の歴史と背景

学生麻雀大会の開催は都心部が中心となり、また開催場所も麻雀店が主流のため、地方在住の方や風営法の兼ね合いで麻雀店に出入りできない小中高生が気軽に参加できる大会がありませんでした。そこで学雀連は、学生が参加しやすい大会を開催するため、オンライン学生麻雀大会を企画いたしました。オンライン大会は場所を問わず、小中高生も参加可能なため、参加ハードルを下げることができました。

今後の展望

学雀連は、年間延べ約2,500人の学生が参加する、大会およびイベントを主催・共催しております。学雀連では無料の加盟制度を設けており、現在96団体(高校から大学の麻雀部およびサークル)の団体加盟と、約2,740人の小学生から大学院生までの個人加盟があります。麻雀はゲームとしての面白さは元より、論理的思考や状況判断力など、さまざまなスキルを身につけることが可能です。麻雀は老若男女問わず遊べて、コミュニケーションツールとしても素晴らしいゲームです。若い世代に頭脳スポーツとしての麻雀を広め、競技麻雀の発展および社会的地位の向上を目指します。

雀魂(じゃんたま)について

2022年1月に登録ユーザー数が500万人を突破した、オンラインで全世界のプレイヤーとリアルタイムで対戦できる麻雀ゲームです。全世界のプレイヤーと対戦を行うことができる「段位戦」、チャットを送れる友人と好きなルールで対戦できる「友人戦」、プレイヤー同士で開催/参加できる「大会戦」など、さまざまな対戦スタイルにより麻雀の初心者から上級者まで幅広くお楽しみいただけます。

大会概要

雀魂杯 オンライン学生麻雀カーニバル2022東場(https://sma-carnival.com/


【開催日時】
予選:2022年7月8日(金)17時~23時・9日(土)9時~22時
本戦:2022年7月10日(日)15時~18時
決勝:2022年7月24日(日)16時~20時30分

【会場】
予選・本戦:オンライン(Web版・アプリ版どちらでも可)
決勝:東京都内のスタジオ

【参加資格】
◆以下3つの条件を全て満たす方
①学雀連に加盟している小学生以上の学生
②オンライン麻雀「雀魂」のIDを持っている
③学雀連Twitter(https://twitter.com/gakujanren)・学雀連LINE(http://line.me/ti/p/%40gakujanren)、少なくともどちらかのフォローが必須

【参加費】
無料(決勝出場者には会場までの往復交通費を支給)

【競技ルール】
学雀連ルールに準拠(https://gakusei-majan.com/rule/
※一部ネット対戦向きに変更あり。また設定変更できない部分は雀魂の仕様を優先。

【予選システム】
・半荘戦のランダム対戦で、連続5戦のベストスコア上位32名が本戦に出場。
※時間内に何回でも打て、その中の連続5戦の最高ポイントを採用。

【本戦システム】
・32名で1回戦を行い、各卓上位2名が次戦に進むトーナメント戦。
・32名→16名→8名→4名となり、勝ち上がり4名で後日決勝戦を行う。
※本戦に欠席が出た場合は、その時の大会ルーム内にいる選手を順位に応じ繰り上げる。

【決勝システム】
・ファーストステージとファイナルステージの2部制。
・まずファーストステージを2半荘を行い、得点を半分に圧縮してファイナルステージに持ち越す。
・ファイナルステージを1半荘行い、最終順位を決定。
※決勝のみトビ終了、あがりやめ、テンパイやめなし。

【実況・解説】

MC:VTuber咲乃もこ
MC:VTuber朝陽にいな
解説:綱川隆晃(日本プロ麻雀協会所属)



【生配信】
2022年7月24日(日)16時~20時30分予定 ※決勝戦のみ生配信
YouTube:麻雀ウォッチチャンネル(https://www.youtube.com/c/mjnewsnet

【賞品】
<優勝>
・祈願の巻物10枚+60万コイン+雀魂オリジナルグッズ、他
<準優勝>
・祈願の巻物5枚+30万コイン+雀魂オリジナルグッズ、他
<3位>
・祈願の巻物3枚+25万コイン+雀魂オリジナルグッズ、他
<4位>
・祈願の巻物2枚+20万コイン+雀魂オリジナルグッズ、他
<5~32位>
・ゲーム内アイテム+雀魂オリジナルグッズ
<役満賞>
・対局中に出した役満1回につき祈願の巻物1枚をプレゼント(学雀連事務局への申告制)

【参加方法】
学雀連サイトの告知ページに掲載する参加フォームよりお申し込みください(https://sma-carnival.com/

【後援】
株式会社Yostar(https://www.yostar.co.jp/

【協賛(50音順)】
株式会社ディスクシティエンタテインメント(https://www.diskcity.co.jp/
ASUS JAPAN株式会社(https://www.asus.com/jp/
OMEN by HP(https://www.omen.com/jp/ja.html
株式会社ロジクール(https://www.logicool.co.jp/ja-jp
どんどん亭(https://www.dondontei.com

【主催】
一般社団法人学生麻雀連盟(https://gakusei-majan.com/

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top