麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
関西著名人リーグ代表・夢野さくらさんが優勝/第9回GPCグランドチャンピオンカップ

関西著名人リーグ代表・夢野さくらさんが優勝/第9回GPCグランドチャンピオンカップ

CABO求人全自動麻雀卓スリム

<GPCグランドチャンピオンカップ>◇3月10日◇千葉・ワンダフルデイズ

 片山まさゆきさんと馬場裕一さんが主催するグッドプレイヤーズクラブ(GPC)は、勝ち負けよりも「麻雀を楽しむ」ことを重視した麻雀サークルで、今年で9年目を迎える。当初は東京を中心に開催されていたが、徐々に輪が広がり、北海道から九州まで全国13リーグで開催されている。

 3月10日には、全国のリーグ上位成績者が千葉・ワンダフルデイズに集まり、年に一度のグランドチャンピオン大会が開催された。

観戦者にもパンフレット、参加賞が用意。
出場者全員の名前が記載されたクリアファイルも作成された

観戦者に対しても名札や参加賞を作成。元来備えられていない配信用の設備が本番までに用意され、西川淳プロ・GPC千葉リーグの運営・千葉大学麻雀部の部員の方々の尽力が強く感じられる大会となった。

開会式で挨拶する片山まさゆき代表
去年度のチャンピオンのくま(千葉代表)さんのトロフィー返還
望月雅継プロ大和プロは配信卓の実況、解説を担当
和気あいあいとした雰囲気で15卓60人での予選が開催された

 60名による大会は3回戦を終えて上位16名が準決勝戦へ進んだ。

準決勝(黄色卓)と順位決定戦の卓組

準決勝卓でトップを取った四名、(下記写真左から)東京著名人リーグの熊谷晴子さん、関西リーグの玉利一さん(最高位戦所属プロ)、関西著名人リーグの夢野さくらさん、静岡リーグのひろよんさんが決勝卓へ進出した。

決勝進出者の4名

 

 決勝卓は夢野さくらさんが序盤でリード。中盤の親番の12000で更にリードを広げた。熊谷晴子さんが高め二盃口のリーチを打つなど見せ場を作ったが

 最終局は親の玉利一さんが聴牌を入れることができず、流局。夢野さくらさんが逃げ切り優勝を決めた。

優勝した夢野さくらさん

来年度は大阪で第10回グランドチャンピオンカップが開催されることが決定した。

加藤哲郎さん、小山剛志さんも大きく場を盛り上げた
西川淳プロは運営で大きく尽力された。
表彰式での馬場副代表。今後のGPCも大いに盛り上がりそうだ。

【決勝成績】

夢野さくら(関西著名人) 42300
熊谷晴子(関東著名人) 20200
玉利一(関西) 19900
ひろよん(静岡) 17600

配信アーカイブ

 

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top