麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
Mリーグ初トップはドリブンズ・園田 2戦目は石橋がトップでPiratesが首位発進

Mリーグ初トップはドリブンズ・園田 2戦目は石橋がトップでPiratesが首位発進

CABO求人MEWS

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2018」が10月1日に開幕。記念すべき開幕戦は、赤坂ドリブンズの園田賢がMリーグ初トップを獲得した。

2戦目はU-NEXT Piratesの石橋伸洋がトップを取り、1日目を終えてU-NEXT Piratesが首位に立った。

記念すべき開幕戦の対局者4名 © AbemaTV

 

開幕戦東1局、ドラフト会議で一番に呼ばれた園田が、2600(・ドラ1)で、Mリーグの初アガリを決めて幕が開けると、ここから9局連続でアガリ決着する激しい戦いとなった。

小林が南1局の親で5連続でアガり、74400点まで加点したが、園田賢が南3局に18000を直撃して逆転。そのままオーラスもアガって、最大53400点差を逆転してトップを決めた。

園田「ずっと緊張してガチガチでしたが一安心。(南3局のアガリは)配牌の勝利」と謙遜したが、積極的な仕掛けでアガリを拾いに行く姿勢が実った。

Mリーグ初トップはドリブンズ・園田賢 © AbemaTV
園田の18000に沸くパブリックビューイング会場 © AbemaTV

 

2戦目は、ドリブンズの鈴木たろうが先行して2連勝かと思われたが、石橋がオーラスにたろうから12000を直撃して逆転。そのままトップを取り、初日を首位で終えた。

石橋は「早くトップを取りたいと思っていたので、良かった。個人戦と違って独特な緊張感があって、いままで経験したことがないプレッシャーがあった」と勝利者インタビューで語った。

ドリブンズの2連勝を阻止したPirates・石橋 © AbemaTV
唯一連戦となった萩原は3着・4着と悔しい結果に © AbemaTV
チームランキング
順位 チーム名 TOTAL 試合数
1 Pirates 81.9 2/80
2 ドリブンズ 69.2 2/80
3 風林火山 0.0 0/80
4 麻雀格闘倶楽部 0.0 0/80
5 ABEMAS 0.0 0/80
6 雷電 ▲71.6 2/80
7 フェニックス ▲79.5 2/80
個人ランキング
順位 選手名 TOTAL 試合数
1 石橋(Pirates) 63.5 1
2 園田(ドリブンズ) 62.9 1
3 小林(Pirates) 18.4 1
4 たろう(ドリブンズ) 6.3 1
5 茅森(フェニックス) ▲21.5 1
6 魚谷(フェニックス) ▲58.0 1
7 萩原(雷電) ▲71.6 2

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top