麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
雷電・萩原、フェニックス・魚谷が初トップ【Mリーグ 10/18結果】

雷電・萩原、フェニックス・魚谷が初トップ【Mリーグ 10/18結果】

麻雀の頂全自動麻雀卓スリム

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2018」は10月18日に、KONAMI 麻雀格闘倶楽部 対 セガサミーフェニックス 対 U-NEXT Pirates 対 チーム雷電 の対戦が行われた。

第1戦、ここまでトップが無い雷電・萩原は、チームカラーの黄色と黒色のフェイスペイントを施しての登場。

気合いを入れて臨んだ東1局に「死に物狂いでアガリたかった」というドラ3・赤1のチャンス手をアガり、8000点をリードした。

続く東2局に3000・6000(リーチ・一発・ツモ・チートイツ・赤)、南1局に12000点を、トップを競っていたフェニックス・近藤から直撃し、Mリーグ初トップを決めた。

勝利者インタビューでは、「みなさん早くトップ取ってくれと思っていたと思うので、お待たせしました」とホッとした表情で語った。

1位 萩原(雷電) 62.0
2位 近藤(フェニックス) 3.4
3位 高宮(麻雀格闘倶楽部) ▲21.6
4位 朝倉(Pirates) ▲43.8

第2試合は、麻雀格闘倶楽部・佐々木が東4局に3000・6000(リーチ・一発・ツモ・タンヤオ・ピンフ・イーペーコー)をツモり、トップで東場を折り返す。

しかし、フェニックス魚谷が南3局に3000・6000(ツモ・チートイツ・ドラ2・赤)をツモり、わずかに佐々木をまくってオーラスへ突入。

魚谷・佐々木、ともに初トップが欲しい両者がオーラスに激しい攻め合いを見せたが、最後は佐々木がPirates・小林に放銃し、魚谷が念願の女性初トップを決めた。

魚谷は勝利者インタビューで「自分自身では(女性初トップを)重くは考えて無く、この先々できちんと勝っていくことが大事。この先につなげて行けたら」と早くも次戦を見据えていた。

1位 魚谷(フェニックス) 56.0
2位 小林(Pirates) 9.6
3位 佐々木(麻雀格闘倶楽部) ▲14.9
4位 萩原(雷電) ▲50.7

フェニックスがトータル53.3ポイントで3位浮上。上位進出へ着々とポイントを積み重ねている。

Piratesは5位、雷電は6位、麻雀格闘倶楽部は7位と順位は変わらず。

麻雀格闘倶楽部は佐々木の復調が待たれる。

次回10月19日は上位4チームの赤坂ドリブンズ、EX風林火山、渋谷ABEMAS、セガサミーフェニックスが対戦する。

 

チームランキング
順位 チーム名 TOTAL 試合数
1 ABEMAS 302.0 14/80
2 ドリブンズ 109.2 12/80
3 フェニックス 53.3 8/80
4 風林火山 ▲3.5 10/80
5 Pirates ▲53.8 16/80
6 雷電 ▲112.7 12/80
7 麻雀格闘倶楽部 ▲294.5 16/80
個人ランキング
順位 選手名 TOTAL 試合数
1 多井(ABEMAS) 153.7 3
2 近藤(フェニックス) 140.0 3
3 松本(ABEMAS) 134.6 5
4 園田(ドリブンズ) 87.8 4
5 村上(ドリブンズ) 66.6 4
6 滝沢(風林火山) 63.0 4
7 瀬戸熊(雷電) 50.1 4
8 白鳥(ABEMAS) 13.7 6
9 朝倉(Pirates) 11.1 5
10 魚谷(フェニックス) ▲2.0 2
11 小林(Pirates) ▲15.6 7
12 勝又(風林火山) ▲24.5 2
13 高宮(麻雀格闘倶楽部) ▲32.4 3
14 前原(麻雀格闘倶楽部) ▲36.3 7
15 亜樹(風林火山) ▲42.0 4
16 たろう(ドリブンズ) ▲45.2 4
17 石橋(Pirates) ▲49.3 4
18 黒沢(雷電) ▲66.8 2
19 茅森(フェニックス) ▲84.7 3
20 萩原(雷電) ▲96.0 6
21 佐々木(麻雀格闘倶楽部) ▲225.8 6

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top