麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
亜樹が初トップで風林火山3位浮上【Mリーグ 10/19結果】

亜樹が初トップで風林火山3位浮上【Mリーグ 10/19結果】

CABO求人全自動麻雀卓スリム

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2018」は10月19日に、赤坂ドリブンズ 対 渋谷ABEMAS 対 セガサミーフェニックス 対 EX風林火山 の対戦が行われた。

第1戦は、静かな立ち上がりとなった。全員30000点以下の状態で南場に入り、親のABEMAS・多井が風林火山・亜樹から7700をアガって混戦を抜け出す。

続く1本場、フェニックス魚谷が四暗刻をテンパイするも、亜樹に放銃してMリーグ初の役満は実らなかった。

オーラス、親のドリブンズ・村上のリーチを受けるも、多井がアガリきってトップ。ABEMASは7勝目となり、2着以下とのリードを広げた。

多井はこれで4戦3勝で、トータル209.4ポイントとし、個人ランキング首位を守った。

1位 多井(ABEMAS) 55.7
2位 村上(ドリブンズ) 7.0
3位 亜樹(風林火山) ▲20.3
4位 魚谷(フェニックス) ▲42.4

第2試合は、ここまで苦しい展開が多かった亜樹が東4局にABEMAS・松本から8000点、南2局にフェニックス・近藤から6400点をアガり、オーラスのドリブンズ・園田の親を速攻で流してトップを決めた。

逆転負けが悔しくて眠れないこともあったというが、自身6戦目で念願の初トップに「この半荘は勝ちきったなと思える試合だったので、これをきっかけにチームもよくなってくれれば」と喜んだ。

1位 亜樹(麻雀格闘倶楽部) 59.9
2位 園田(ドリブンズ) 9.5
3位 松本(ABEMAS) ▲23.7
4位 近藤(フェニックス) ▲45.7

亜樹の活躍で、風林火山がトータル53.3ポイントで3位に浮上。ABEMASは首位をがっちりキープしている。

 

次回10月22日はKONAMI麻雀格闘倶楽部、EX風林火山、チーム雷電、セガサミーフェニックスが対戦。

風林火山は亜樹、麻雀格闘倶楽部は高宮、フェニックスは魚谷、雷電は黒沢の出場が予告されている。

初の女性選手の対決が実現する。

 

チームランキング
順位 チーム名 TOTAL 試合数
1 ABEMAS 334.0 16/80
2 ドリブンズ 125.7 14/80
3 風林火山 36.1 12/80
4 フェニックス ▲34.8 10/80
5 Pirates ▲53.8 16/80
6 雷電 ▲112.7 12/80
7 麻雀格闘倶楽部 ▲294.5 16/80
個人ランキング
順位 選手名 TOTAL 試合数
1 多井(ABEMAS) 209.4 4
2 松本(ABEMAS) 110.9 6
3 園田(ドリブンズ) 97.3 5
4 近藤(フェニックス) 94.3 4
5 村上(ドリブンズ) 73.6 5
6 滝沢(風林火山) 63.0 4
7 瀬戸熊(雷電) 50.1 4
8 白鳥(ABEMAS) 13.7 6
9 朝倉(Pirates) 11.1 5
10 亜樹(風林火山) ▲2.4 6
11 小林(Pirates) ▲15.6 7
12 勝又(風林火山) ▲24.5 2
13 高宮(麻雀格闘倶楽部) ▲32.4 3
14 前原(麻雀格闘倶楽部) ▲36.3 7
15 魚谷(フェニックス) ▲44.4 3
16 たろう(ドリブンズ) ▲45.2 4
17 石橋(Pirates) ▲49.3 4
18 黒沢(雷電) ▲66.8 2
19 茅森(フェニックス) ▲84.7 3
20 萩原(雷電) ▲96.0 6
21 佐々木(麻雀格闘倶楽部) ▲225.8 6

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top