麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
Piratesが3連勝で2位浮上 ドリブンズは連敗で3位後退【Mリーグ 10/25結果】

Piratesが3連勝で2位浮上 ドリブンズは連敗で3位後退【Mリーグ 10/25結果】

CABO求人全自動麻雀卓スリム

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2018」は10月25日に、赤坂ドリブンズ 対 EX風林火山 対 渋谷ABEMAS 対 U-NEXT Pirates の対戦が行われた。

第1戦は、ここまでノートップのPirates・小林が東3局1本場に8100オール(リーチ・ツモ・チートイツ・ドラ2・裏2)をツモって大きくリードした。

しかし風林火山・滝沢が南1局に小林から8000を直撃し、南3局1本場には、ドリブンズ・たろうから8300をアガって、オーラスを9800点差として小林に迫った。

満貫をツモればトップ逆転となるが、親のABEMAS・白鳥が4000オールをツモった後は流局で終了し、小林が辛くも逃げ切った。

1位 小林(Pirates) 68.0
2位 滝沢(風林火山) 18.2
3位 白鳥(ABEMAS) ▲31.3
4位 たろう(ドリブンズ) ▲54.9

第2試合は、個人ランキング首位のABEMAS・多井が東場でリードを広げたが、南場に入ってPirates・朝倉が大爆発。

流局を挟んで6連続のアガリで、トップの多井と24000点あった差を一気につめ、逆に32700点差をつけた。

オーラスは風林火山・勝又が起死回生の4000・8000をツモり、3位浮上。

村上がラスとなり、ドリブンズは2連敗でトータル11.1ポイントの3位に後退した。

朝倉が悠々と逃げ切ってPiratesは3連勝。トータル156.5ポイントの2位とし、首位のABEMASに迫っている。

1位 朝倉(Pirates) 76.3
2位 多井(ABEMAS) 10.8
3位 勝又(風林火山) ▲27.4
4位 村上(ドリブンズ) ▲59.7

次回10月26日は赤坂ドリブンズ、KONAMI 麻雀格闘倶楽部、渋谷ABEMAS、セガサミーフェニックスが対戦。

 

チームランキング
順位 チーム名 TOTAL 試合数
1 ABEMAS 313.5 18/80
2 Pirates 156.5 20/80
3 ドリブンズ 11.1 16/80
4 風林火山 7.3 18/80
5 フェニックス ▲17.4 14/80
6 雷電 ▲77.1 16/80
7 麻雀格闘倶楽部 ▲393.9 18/80
個人ランキング
順位 選手名 TOTAL 試合数
1 多井(ABEMAS) 220.2 5
2 近藤(フェニックス) 148.3 5
3 朝倉(Pirates) 140.2 7
4 松本(ABEMAS) 110.9 6
5 園田(ドリブンズ) 97.3 5
6 瀬戸熊(雷電) 60.6 6
7 滝沢(風林火山) 57.5 6
8 小林(Pirates) 52.4 8
9 村上(ドリブンズ) 13.9 6
10 亜樹(風林火山) 5.7 7
11 黒沢(雷電) 0.4 3
12 白鳥(ABEMAS) ▲17.6 7
13 石橋(Pirates) ▲36.1 5
14 前原(麻雀格闘倶楽部) ▲36.3 7
15 勝又(風林火山) ▲55.9 5
16 魚谷(フェニックス) ▲59.1 5
17 高宮(麻雀格闘倶楽部) ▲85.5 4
18 たろう(ドリブンズ) ▲100.1 5
19 茅森(フェニックス) ▲106.6 4
20 萩原(雷電) ▲138.1 7
21 佐々木(麻雀格闘倶楽部) ▲272.1 7

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top