麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
天才茅森、ウィザード園田が本領発揮!ABEMASはやや失速で上位は接戦に【Mリーグ 11/13結果】

天才茅森、ウィザード園田が本領発揮!ABEMASはやや失速で上位は接戦に【Mリーグ 11/13結果】

CABO求人全自動麻雀卓スリムプラススコア

 麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2018」は11月13日に、 渋谷ABEMAS 対 赤坂ドリブンズ 対 セガサミーフェニックス 対 チーム雷電 の対戦が行われた。

 第1試合は、ABEMASから白鳥、ドリブンズからたろう、フェニックスから茅森、雷電から萩原が出場。

 東場は白鳥と萩原がそれぞれ満貫を上がるも、南3局1本場で茅森がリーチ・ツモ・ドラ3・赤1の6000オールのアガリを決め一気にトップ目に。そして3本場でもリーチ・ツモ・三暗刻・赤1のアガリでダメ押し。盤石な態勢を築きトップとなった。オーラスは白鳥と萩原の2位争いとなったが萩原の満貫のアガリとなり萩原が2位を確保した。

南3局3本場の茅森のアガリ ©AbemaTV

 3勝目を飾った茅森は「ここ数試合はとてもいい感じに戦えています。この1戦も満足できる内容でした。南3局3本場の三暗刻のアガリも良さそうだと思ったを残してアガリに結びついてよかったです。」と語った。インタビューではこの日の白鳥の独特な髪形は茅森の進言によるものであったことが判明した。

本日独特な髪形で対局に臨んだABEMASの白鳥 ©AbemaTV
インタビューを受ける茅森 ©AbemaTV

1位 茅森(フェニックス) +69.4
2位 萩原(雷電) +5.6
3位 白鳥(ABEMAS) ▲17.2
4位 たろう(ドリブンズ) ▲57.8

 第2試合は、ABEMASから松本、ドリブンズから園田、フェニックスから茅森、雷電から黒沢が出場。

 東1局で、黒沢が対子の配牌でをワンスルー。その結果ドラのを対子とした後をポン。4000オールのアガリを決め、2本場でもリーチ・タンヤオ・平和・ドラ2の高め一盃口のリーチ。一気にダメ押しなるかと思われたが園田も追い掛けリーチ。リーチ・ツモ・平和・赤2・ドラ1の3000・6000のアガリを決める。

東1局2本場の園田の3000・6000 ©AbemaTV

 南2局では園田の技ありの仕掛けが見られた。仕掛けて単騎で聴牌している場面で親の茅森から切られたを出来メンツチー。打単騎の聴牌に受け変え、アガリを手にした。オーラスは黒沢と800点差であったがここも仕掛けてタンヤオのみのアガリを決めトップを勝ち取った。

南2局の園田の300・500のアガリ ©AbemaTV

 4勝目を挙げ個人3位となった園田は「チームが調子悪かったのでトップが取れてホッとしています。個人順位3位になったことも嬉しいですが、個人記録はあくまで通過点だと思っています。たろうさんが悔しい思いをしていますが、チーム一丸となって元気付けられるよう頑張ります。南2局の仕掛けは、自体の待ちが良い事、茅森さんからリーチが来た場合に受けられることという利点があるので、は鳴こうと決めていました。ドリブンズはまだ低迷していますが、必ず80戦終わるころには上位にいますので、応援よろしくお願いいたします!」と語った。

インタビューを受ける園田 ©AbemaTV

1位 園田(ドリブンズ)+54.7
2位 黒沢(雷電)+12.9
3位 茅森(フェニックス)▲22.1
4位 松本(ABEMAS) ▲45.5

次回11月15日(木)は渋谷ABEMAS、UNEXTパイレーツ、赤坂ドリブンズ、チーム雷電が対戦。

チームランキング
順位 チーム名 TOTAL 試合数
1 ABEMAS 195.0 30/80
2 Pirates 192.3 30/80
3 風林火山 168.6 28/80
4 フェニックス ▲73.9 30/80
5 ドリブンズ ▲77.8 30/80
6 麻雀格闘倶楽部 ▲173.4 32/80
7 雷電 ▲230.8 28/80

上位3チームが接戦に。下位チームもスコアを伸ばした。

個人ランキング
順位 選手名 TOTAL 試合数
1 多井(ABEMAS) 253.7 8
2 亜樹(風林火山) 148.8 12
3 園田(ドリブンズ) 147.3 10
4 小林(Pirates) 108.2 11
5 滝沢(風林火山) 92.4 8
6 朝倉(Pirates) 88.0 10
7 松本(ABEMAS) 55.4 10
8 瀬戸熊(雷電) 52.5 9
9 近藤(フェニックス) 30.6 10
10 茅森(フェニックス) 20.4 10
11 石橋(Pirates) ▲3.9 9
12 村上(ドリブンズ) ▲9.6 11
13 寿人(麻雀格闘倶楽部) ▲29.5 13
14 黒沢(雷電) ▲31.7 7
15 前原(麻雀格闘倶楽部) ▲66.9 12
16 勝又(風林火山) ▲72.6 8
17 高宮(麻雀格闘倶楽部) ▲77.0 7
18 白鳥(ABEMAS) ▲114.1 12
19 魚谷(フェニックス) ▲124.9 10
20 たろう(ドリブンズ) ▲215.5 8
21 萩原(雷電) ▲251.6 12

園田が3位に浮上した。

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top