麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
園田が盤石の6勝目! 朝倉も勝利でPiratesは5位浮上!【Mリーグ 12/3結果】

園田が盤石の6勝目! 朝倉も勝利でPiratesは5位浮上!【Mリーグ 12/3結果】

麻雀の頂全自動麻雀卓スリム

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2018」は12月3日に、 赤坂ドリブンズ 対 チーム雷電 対 UNEXTパイレーツ 対 セガサミーフェニックス の対戦が行われた。

第1試合は、首位・ドリブンズからたろう、4位・雷電か萩原、5位・Piratesから朝倉、6位・フェニックスから茅森が出場した。

場は超接戦で進み、勝負は南場へ。南2局1本場に、朝倉がたろうとの2軒リーチで7700の大きな直撃でトップ目に浮上する。

南2局1本場、朝倉のたろうからの7700の直撃 ©AbemaTV

その後は再びたろうが2着目になりオーラスを迎えるが、茅森、萩原の2軒リーチに対してオリを選択。最終局は流局となり、朝倉がトップ、たろうが2着を維持する結果となった。

3勝目を挙げたPirates・朝倉 ©AbemaTV

1位 朝倉(Pirates) +54.0
2位 たろう(ドリブンズ) +4.4
3位 茅森(フェニックス) ▲18.8
4位 萩原(雷電) ▲39.6

第2試合は、ドリブンズから園田、雷電から黒沢、Piratesから連闘で朝倉、フェニックスから魚谷が登場。

序盤は静かな立ち上がりだったが東3局で黒沢が朝倉から12000の直撃。南1局でも魚谷から8000をあがった。

しかし南2局ではここまで細かくアガリを重ねていた園田が黒沢から12000のアガリを決めトップ逆転。

南2局の園田の12000のアガリ ©AbemaTV

その後、魚谷のリーチの現物で朝倉が園田から8000をアガり朝倉にもチャンスが残るオーラス。園田が嵌待ちの一盃口ドラドラの聴牌を入れると親の朝倉も辺待ちでリーチ。それに対してラス目の魚谷も嵌待ちで勝負しリーチに出るも魚谷が次巡に掴んだのは。頭ハネで園田のアガリとなり、トップを決めた。

園田は金曜に続く連勝で6勝目。6-5-0-2という抜群の成績でなんと現在の平均順位は1.85。トータル267.1ポイントでとなり個人ランキングもダントツの首位。この先も魔法のようにあがり続けるのか!?

ドリブンズ・園田は6勝目。平均順位は驚きの1.85 ©AbemaTV

1位 園田(ドリブンズ)+64.0
2位 黒沢(雷電)+7.7
3位 朝倉(Pirates)▲21.9
4位 魚谷(フェニックス) ▲49.8

 

次回12月4日(火)は赤坂ドリブンズ、渋谷ABEMAS、チーム雷電、セガサミーフェニックスが対戦。

実況は松嶋桃、解説は赤坂ドリブンズの園田賢が務める。

チームランキング
順位 チーム名 TOTAL 試合数
1 ドリブンズ 248.8 44/80
2 風林火山 150.5 42/80
3 ABEMAS 74.5 40/80
4 雷電 6.5 42/80
5 Pirates ▲17.4 44/80
6 フェニックス ▲124.5 40/80
7 麻雀格闘倶楽部 ▲338.4 44/80

 

個人ランキング
順位 選手名 TOTAL 試合数
1 園田(ドリブンズ) 267.1 13
2 黒沢(雷電) 155.2 13
3 瀬戸熊(雷電) 154.3 14
4 多井(ABEMAS) 120.6 11
5 亜樹(風林火山) 86.2 15
6 松本(ABEMAS) 83.0 13
7 朝倉(Pirates) 74.6 14
8 滝沢(風林火山) 69.6 14
9 茅森(フェニックス) 40.1 15
10 近藤(フェニックス) 30.6 10
11 たろう(ドリブンズ) 26.6 18
12 勝又(風林火山) ▲5.3 13
13 石橋(Pirates) ▲43.9 14
14 村上(ドリブンズ) ▲44.9 13
15 小林(Pirates) ▲48.1 16
16 前原(麻雀格闘倶楽部) ▲54.3 13
17 寿人(麻雀格闘倶楽部) ▲126.1 20
18 白鳥(ABEMAS) ▲129.1 16
19 高宮(麻雀格闘倶楽部) ▲158.0 11
20 魚谷(フェニックス) ▲195.2 15
21 萩原(雷電) ▲303.0 15

 

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top