麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
フェニックス近藤が大トップ!「フェニックスは何度でも蘇ります!」【Mリーグ 2/1 第1試合結果】

フェニックス近藤が大トップ!「フェニックスは何度でも蘇ります!」【Mリーグ 2/1 第1試合結果】

CABO求人MEWS

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2018」は2月1日に、赤坂ドリブンズ 対 渋谷ABEMAS 対 セガサミーフェニックス 対 チーム雷電 の対戦が行われた。

1/31終了時点の順位表©AbemaTV

第1試合は、ABEMASから白鳥、フェニックスから近藤朝倉、ドリブンズからたろう、雷電から瀬戸熊の対局。

第1試合の出場選手©AbemaTV
 

東2局に近藤が親番瀬戸熊のアタリ牌のドラを重ねリーチ。一発でツモり3000ー6000に仕上げリードをとる。

東2局近藤の3000ー6000のアガり©AbemaTV

東3局に白鳥が12000を瀬戸熊からアガり、東4局にライバル近藤の親を蹴る300ー500。近藤との点差を1000点につめ南入。

しかしまたもや南1局に近藤が2000ー4000をアガり、白鳥は手痛い親かぶりで局は進む。

南3局1本場 たろうは親番でソウズのホンイツに向かい、ポンしたを加槓しのシャンポンでテンパイ。

東3局1本場 たろうのテンパイ©AbemaTV

 

ソウズのホンイツとは言えが全部枯れた状態でたろうの河にはと並び、ソウズの下は使い切られていそうな状況。通りやすそうなを持ってきた瀬戸熊。

河に捨てるとこれがヤミテンの近藤のロン牌8000点。点棒はマイナスになってしまう。

東3局1本場 近藤の8000点のアガり©AbemaTV

オーラスはたろうがピンフ・ドラ2でテンパイ。を切ってリーチをかけるも1人テンパイで流局。

近藤は+70.1と大きなトップとなった。

近藤は「とにかく少し戻せました。とてつもなくプレッシャーは感じていましたが、東2局のドラを重ねて一発でツモれたのは最高の結果でした。今日の4チームの中ではABEMASがボーダーラインに一番近いチームでしたので、ある程度意識はしていました。ABEMASとは74ポイント差ということで、良いポジションに付けたかなと思います。フェニックスは何度でもよみがえります。応援よろしくお願いします。」と語った。

第1試合1位を獲った近藤©AbemaTV

1位:近藤(フェニックス)+70.1
2位:白鳥(ABEMAS)+10.4
3位:たろう(ドリブンズ)▲19.0
4位:瀬戸熊(雷電)▲61.5

第1試合終了時点の順位表©AbemaTV

関連記事

第二試合の結果はこちら

 

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top