麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
1戦目フェニックス・近藤、2戦目雷電・萩原共に大トップ!2位以下の争いが熾烈に!【Mリーグ 2/1 結果速報】

1戦目フェニックス・近藤、2戦目雷電・萩原共に大トップ!2位以下の争いが熾烈に!【Mリーグ 2/1 結果速報】

CABO求人MEWS

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2018」は2月1日に、赤坂ドリブンズ 対 渋谷ABEMAS 対 セガサミーフェニックス 対 チーム雷電 の対戦が行われた。

1/31終了時点の順位表©AbemaTV

第1試合は、ABEMASから白鳥、フェニックスから近藤朝倉、ドリブンズからたろう、雷電から瀬戸熊の対局。

第1試合の出場選手©AbemaTV

東2局に近藤が親番瀬戸熊のアタリ牌のドラを重ねリーチ。一発でツモり3000ー6000に仕上げリードをとる。

近藤の3000ー6000のアガり©AbemaTV

東3局に白鳥が12000を瀬戸熊からアガり、東4局にライバル近藤の親を蹴る300ー500。近藤との点差を1000点につめ南入。

しかしまたもや南1局に近藤が2000ー4000をアガり、白鳥は手痛い親かぶりで局は進む。

南3局1本場 たろうは親番でソウズのホンイツに向かい、ポンしたを加槓しのシャンポンでテンパイ。

ソウズのホンイツとは言えが全部枯れた状態でたろうには通りやすそうなを持ってきた瀬戸熊。河に捨てるとこれがヤミテンの近藤のロン牌8000点。点棒はマイナスになってしまう。

オーラスはたろうがピンフ・ドラ2でテンパイ。赤を切ってリーチをかけるも1人テンパイで流局。

近藤は+70.1と大きなトップとなった。

近藤は「フェニックスは何度でもよみがえります。応援よろしくお願いします。」と語った。

第1試合1位を獲った近藤©AbemaTV

1位:近藤(フェニックス)+70.1
2位:白鳥(ABEMAS)+10.4
3位:たろう(ドリブンズ)▲19.0
4位:瀬戸熊(雷電)▲61.5

第2試合は、雷電から萩原、ドリブンズから園田、ABEMASから松本、フェニックスから近藤の対局。近藤以外はメンバーチェンジ。

第2試合の出場選手©AbemaTV

東2局近藤がピンフ・ドラ1をテンパイしリーチ。タンヤオ・イーペーコー・赤1・ドラ2のテンパイをとった松本のテンパイ打牌で和了。裏が1枚乗って8000点になり好調な滑り出し。

東3局には園田と萩原のリーチ対決。軍配は園田にあがり、萩原から3900点をアガる。

東4局、再び園田と萩原のリーチ合戦。これを制したのは萩原。さらに3000ー6000という高打点でトップ目にたつ。

南2局、近藤が松本から8000点をアガり逆転するも、南3局で萩原が粘る。

南3局東・赤1で3900点をアガって萩原が連荘。1本場に萩原がリーチ・ドラ1でリーチをするとこれが園田、松本の3軒リーチに発展。アガったのは萩原で3900点。ここから萩原は3900点2900点とアガリを重ね、リードを少しずつ広げていく。

南3局3本場、萩原がリーチ・ツモ・タンヤオ・ピンフ・赤1ドラ2をアガって6000オール。これが決め手となり、大トップを勝ち取った。

萩原の6000オール©AbemaTV

依然ポイント状況は苦しい雷電だが萩原は「トップがとれて正直ほっとしました」と安堵の表情を見せた。

第2試合1位を獲った萩原©AbemaTV

1位:萩原(雷電)+83.2
2位:近藤(フェニックス)+14.7
3位:松本(ABEMAS)▲38.8
4位:園田(ドリブンズ)▲59.1

次回2月4日(月)は、赤坂ドリブンズ、EX風林火山、KONAMI麻雀格闘倶楽部、U-NEXTパイレーツが対戦。

実況は松嶋桃、解説は渋谷ABEMAS多井隆晴が務める。

2/1 終了時チームランキング
順位 チーム名 TOTAL 試合数
1 風林火山 358.0 72/80
2 ドリブンズ 89.9 74/80
3 Pirates 1.1 72/80
4 麻雀格闘倶楽部 ▲44.1 74/80
5 ABEMAS ▲82.1 72/80
6 フェニックス ▲102.7 74/80
7 雷電 ▲220.1 74/80

 

個人ランキング
順位 選手名 TOTAL 試合数
1 滝沢(風林火山) 233.0 27
2 多井(ABEMAS) 200.9 22
3 園田(ドリブンズ) 171.1 26
4 寿人(麻雀格闘倶楽部) 148.0 34
5 朝倉(Pirates) 129.7 24
6 勝又(風林火山) 127.7 22
7 近藤(フェニックス) 126.7 21
8 黒沢(雷電) 108.6 21
9 たろう(ドリブンズ) 80.8 28
10 前原(麻雀格闘倶楽部) 32.5 25
11 茅森(フェニックス) 19.7 26
12 松本(ABEMAS) 9.0 25
13 亜樹(風林火山) ▲2.7 22
14 小林(Pirates) ▲38.4 25
15 萩原(雷電) ▲60.0 27
16 石橋(Pirates) ▲90.2 23
17 村上(ドリブンズ) ▲162.0 20
18 高宮(麻雀格闘倶楽部) ▲224.6 15
19 魚谷(フェニックス) ▲249.1 27
20 瀬戸熊(雷電) ▲268.7 26
21 白鳥(ABEMAS) ▲292.0 25

 

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top