麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
茅森、勝又との混戦を麻雀格闘倶楽部・寿人が制する!!KONAMIはトータルポイントをプラスに!!【Mリーグ 2/7 第1試合結果】

茅森、勝又との混戦を麻雀格闘倶楽部・寿人が制する!!KONAMIはトータルポイントをプラスに!!【Mリーグ 2/7 第1試合結果】

CABO求人全自動麻雀卓スリム

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2018」は2月7日に、EX風林火山 対 赤坂ドリブンズ 対 KONAMI麻雀格闘倶楽部 対 セガサミーフェニックス の対戦が行われた。

2/5終了時点の順位表 ©AbemaTV

第1試合は、風林火山から勝又、ドリブンズからたろう、麻雀格闘倶楽部から寿人、フェニックスから茅森の対局。

第1試合の出場選手©AbemaTV

東1局、親番の勝又が加点するも2本場で高め三色の絶好のリーチを打った勝又に反撃したのは寿人。海底ツモで2000・4000でトップ目に立つ。

東1局2本場 寿人の2000・4000©AbemaTV

ここで4着だとファイナル進出が厳しくなりそうなフェニックス茅森、しかし、東4局にラス目親の茅森がドラドラの平和リーチを一発でツモり6000オール。会心のアガリを決めトップ目で南入。

東4局 茅森の6000オール©AbemaTV

しかしその後も勝又がダマテンで8000をたろうからアガり、寿人も親番でラス牌をツモり4000オールでトップ戦線に復帰。3つどもえのままオーラスへ。

南2局 勝又の8000 ©AbemaTV
南3局 寿人の4000オール  ©AbemaTV

南4局、3着目の茅森が配牌でリードしていたが、ツモが聴かず、仕掛けた寿人と勝又が先に聴牌。最後は勝又が寿人のアガリ牌を掴み決着。ここ一番でKONAMI麻雀格闘倶楽部が価値の大きいトップを取った。

南4局 寿人のアガリ  ©AbemaTV

11勝目を挙げた寿人は「やや弱気で雑な麻雀だったが勝ててホッとしています。とても負けられない試合が続いていて揺れたところはあったかもしれません。プレッシャーは正直ありますが、ファイナルにはなんとしてでも進出したいと思っています。最後の3戦必死に頑張ります。応援よろしくお願いいたします!」と力強く語った。

第1試合1位を獲った寿人©AbemaTV

1位:寿人(麻雀格闘倶楽部)+53.0
2位:勝又(風林火山)+10.6
3位:茅森(フェニックス)▲12.9
4位:たろう(ドリブンズ)▲50.7

第1試合終了時点の順位表 ©AbemaTV

関連記事

第二試合の結果はこちら

 

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top