麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
風林火山・滝沢が役満「大三元」を決めて圧勝!ドリブンズが大苦戦の1日に【Mリーグ 2/7 結果速報】

風林火山・滝沢が役満「大三元」を決めて圧勝!ドリブンズが大苦戦の1日に【Mリーグ 2/7 結果速報】

CABO求人全自動麻雀卓スリム

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2018」は2月7日に、EX風林火山 対 赤坂ドリブンズ 対 KONAMI麻雀格闘倶楽部 対 セガサミーフェニックス の対戦が行われた。

2/5終了時点の順位表 ©AbemaTV

第1試合は、風林火山から勝又、ドリブンズからたろう、麻雀格闘倶楽部から寿人、フェニックスから茅森の対局。

第1試合の出場選手©AbemaTV

序盤は勝又と寿人がアガリを決めてリードを得るも、東4局にラス目親の茅森がドラドラの平和リーチを一発でツモり6000オール。会心のアガリを決めトップ目で南入。

東4局 茅森の6000オール

しかしその後も勝又がダマテンで8000をたろうからアガり、寿人も2000・4000ツモで3つどもえのままオーラスへ。

南4局、3着目の茅森が配牌でリードしていたが、ツモが聴かず、仕掛けた寿人と勝又が先に聴牌。最後は勝又が寿人のアガリ牌を掴み決着。ここ一番でKONAMI麻雀格闘倶楽部がおおきなトップを取った。

11勝目を挙げた寿人は「やや弱気で雑な麻雀だったが勝ててホッとしています。とても負けられない試合が続いていて揺れたところはあったかもしれません。プレッシャーは正直ありますが、ファイナルにはなんとしてでも進出したいと思っています。最後の3戦必死に頑張ります。応援よろしくお願いいたします!」と力強く語った。

第1試合1位を獲った寿人©AbemaTV

1位:寿人(麻雀格闘倶楽部)+53.0
2位:勝又(風林火山)+10.6
3位:茅森(フェニックス)▲12.9
4位:たろう(ドリブンズ)▲50.7

第1試合終了時点の順位表 ©AbemaTV

第2試合は、フェニックスから茅森、風林火山から滝沢、ドリブンズから園田、麻雀格闘倶楽部から寿人の対局。

第2試合の出場選手©AbemaTV

東1局に第1試合で勝利した寿人が3軒リーチを制して園田から12000。快調な滑り出しとなった。

東2局でもドラの役牌を仕掛けて茅森から8000のアガリ。怒涛の連勝はほぼ間違いないかと思われた。

しかし風林火山・滝沢が東3局に園田と寿人の2軒リーチをかわして2000・4000をアガるとその次局に大事件。

茅森の先制リーチの現物待ちで聴牌したその滝沢の手は・・・大三元!

大三元の聴牌直後にを掴んだ園田。滝沢の押しをやや警戒しながらも、今のうちに処理しようと切ったそのがよもやの32000。Mリーグ史上2回目の役満を滝沢が決めた。

東4局 滝沢の大三元 ©AbemaTV

その後も6000オールなどで順調に加点した滝沢は大きなトップでこのゲームを制した。

大三元の放銃となった園田は箱下25300持ちの厳しい4着となり、ドリブンズはファイナルシリーズ争いに巻き込まれることとなった。

Mリーグ初試合で大三元を聴牌した滝沢は二度目の聴牌で大三元を成就。「大三元聴牌は緊張しました。うわああああって。キツイ牌押したのでリーチと一対一になるかもなと思いましたがアガれてよかったです。ファイナルへの決め手になったかなと。序盤の局で、1巡早く中抜きすることで安牌が足りたり、一気通貫のアガリを捉えられたり上手に打てました。(個人首位について)出場機会があるかはわからないですが積極的に狙いたいなと。ファイナルが遂に見えてきたのですが、まだ確実ではないので1戦1戦大事に打っていきたいなと思います。」と静かに闘志を燃やしていた。

第2試合で勝利した滝沢 ©AbemaTV

1位:滝沢(風林火山)+99.6
2位:寿人(麻雀格闘倶楽部)+15.5
3位:茅森(フェニックス)▲29.8
4位:園田(ドリブンズ)▲85.3

次回2月8日(金)は、渋谷ABEMAS、UNEXTパイレーツ、セガサミーフェニックス、チーム雷電が対戦。

実況は小林未沙、解説は日本プロ麻雀連盟の内川幸太郎が務める。

2/7 終了時チームランキング
順位 チーム名 TOTAL 試合数
1 風林火山 328.8 78/80
2 ドリブンズ 68.9 78/80
3 ABEMAS 55.4 74/80
4 麻雀格闘倶楽部 28.0 78/80
5 Pirates ▲66.9 74/80
6 フェニックス ▲145.4 76/80
7 雷電 ▲268.8 76/80

ドリブンズが苦しい1日に。

個人ランキング
順位 選手名 TOTAL 試合数
1 多井(ABEMAS) 338.4 24
2 滝沢(風林火山) 306.3 29
3 寿人(麻雀格闘倶楽部) 228.3 37
4 園田(ドリブンズ) 200.8 29
5 朝倉(Pirates) 142.5 26
6 近藤(フェニックス) 126.7 21
7 黒沢(雷電) 116.9 22
8 勝又(風林火山) 71.5 25
9 たろう(ドリブンズ) 30.1 29
10 前原(麻雀格闘倶楽部) 24.3 26
11 松本(ABEMAS) 9.0 25
12 茅森(フェニックス) ▲23.0 28
13 亜樹(風林火山) ▲49.0 24
14 小林(Pirates) ▲99.9 26
15 石橋(Pirates) ▲109.5 24
16 萩原(雷電) ▲117.0 28
17 村上(ドリブンズ) ▲162.0 20
18 高宮(麻雀格闘倶楽部) ▲224.6 15
19 魚谷(フェニックス) ▲249.1 27
20 瀬戸熊(雷電) ▲268.7 26
21 白鳥(ABEMAS) ▲292.0 25

 

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top