麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
「麻雀競技の未来を発明します」初年度優勝 赤坂ドリブンズ 監督インタビュー

「麻雀競技の未来を発明します」初年度優勝 赤坂ドリブンズ 監督インタビュー

CABO求人全自動麻雀卓スリム

2019年7月9日(火)に行われた2019年プロ麻雀リーグ「Mリーグ」ドラフト会議にて、昨年度優勝した赤坂ドリブンズが丸山奏子を指名した。

赤坂ドリブンズの指名は丸山奏子 ©AbemaTV

 

丸山はプロ2年目という若手ではあるが、1年目の最高位戦D2リーグにてトータル213.9ポイントの3位でD1リーグに昇級。また、昇級した先のD1リーグではトータル404.9ポイントと圧勝し、1位でC3リーグへの昇級も決定しており、若手の中ではかなりの実力を兼ね備えていると言える。しかしながら麻雀界の大ベテランが揃うMリーグという舞台に、なぜ新人の彼女を指名したのか。

様々な基点をもとに賢く力強くドライブし、麻雀競技の未来を発明する、と語る赤坂ドリブンズの越山監督はインタビューこう応えた。

ーーーー丸山を指名した理由は?

「正直、直前まですごく悩んでいました。というのも、最終的に誰を選ぶか、というのはもちろんなんですが、悩んだのは方向性ですね。簡単に言うとすぐ勝てる選手、一番勝利に近い女流選手を選ぶのか、それとも数年先にすごい選手を生み出すことを目的とするのか。それが組織としての方向性の選択でした。結論としては、丸山さんに将来性があるかどうかはまだ分かりませんが、園田、村上、たろうが本気で麻雀を教えたらどんな選手になるのか見てみたいなと。今までの麻雀における勉強の文化って、勉強会をして個人個人で切磋琢磨するっていう世界ではありましたが、それが、チームの為に選手を育てるということをやったときに、まだ2年目の彼女がどう成長していくかを見たいと思ったし、選手達もそれをやってみたいと最後は思ってくれたし、そういう体制を麻雀界に提供していくということを選択した、ということです」

 

ーーーー数多くいる若手の中から、丸山を選んだポイントは?

「最高位戦で園田が試験官をやったり、研修をやったりしていて彼女の事は知っていたということと、D1リーグですが非常に成績が良かったこと、また、周囲の評判から、麻雀に対して非常に熱心だと言うことを聞いていまして、直近の成績と麻雀に対する姿勢と、色々なことを吸収しようとする意欲が高そうだということを考えて彼女を指名しました」

 

ーーーーこの指名に関してドリブンズの3選手の意見は?

「最後は監督に任せますと言ってました。もちろん賛成、反対、様々な意見がありましたが、『育成』というコンセプトを理解してくれました。このコンセプトを選択したことによって、ドリブンズが大切にしている勝利に対するビジョンは変わりませんが、中期的、長期的な勝利を見据えていきたいと思っています。プロ野球でも、高校生がプロ野球選手になったときに見守るという視点があると思いますが、そういう視点が麻雀界にもあったらいいなと考えています」

 

ーーーー前年覇者という立場で、今期は4人体制でどういう戦い方をしていくのか?

「短期の目標としての優勝は今期も狙います。ただはっきり言えるのは、園田、村上、たろう中心になるとは思います。他のスポーツにおいては凄い成績を上げるルーキーがいる場合もありますけれども、今回はそうはならないでしょう。ただ、レギュレーション的に彼女は試合に出なくてはならないので、あまり時間がありませんが、勝利と育成を同時にやっていくことをテーマに戦いたいと思います。園田は相当厳しくやっていくとは言っていますが、彼女もそういうところはポジティブに捉えていると思いますし、多くのことを吸収していってくれるだろうと期待しています」

 

初年度優勝チームのドリブンズが2年目に選択したテーマは「勝利」とともに「育成」であった。中長期的な勝利を目的に、可能性が大いにある優秀な若い人材を育てていくという。それをMリーグという麻雀界の誰もが憧れる場所で実行するというのだから、決断に相当な時間を要したであろうことは想像に難くない。突然の大きな舞台に丸山は期待と同時に不安もあると思うが、一流選手の教えを余すことなく吸収し、大きく舞い踊って欲しいと願う。

ドリブンズの指名を受けた丸山奏子

関連リンク

Mリーグドラフト会議速報情報!KADOKAWAサクラナイツの指名は内川、岡田、沢崎【Mリーグドラフト会議】

「新しい物語を皆様へお届けします」新チームKADOKAWAサクラナイツ オーナーインタビュー

「不撓不屈の精神で最後まで諦めず戦う」セガサミーフェニックス 監督インタビュー

▼「決め手は安定した天鳳での段位」U-NEXTPirates 監督インタビュー

「Mリーグの熱気を外に伝えていきたい」渋谷ABEMAS 監督インタビュー

「"格闘”の名に恥じないよう、闘い抜いてNo.1を目指します」KONAMI麻雀格闘倶楽部 インタビュー

「孫子の兵法の極意を持って群雄割拠のMリーグを勝ち抜きます」EX風林火山 インタビュー

「人々を魅了するチームを目指します」TEAM RAIDEN/雷電 監督インタビュー

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top