麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
【10/4 Mリーグ 結果速報】フェニックスが近藤のトップで首位キープ、2戦目はドリブンズ・村上がチーム初勝利!

【10/4 Mリーグ 結果速報】フェニックスが近藤のトップで首位キープ、2戦目はドリブンズ・村上がチーム初勝利!

CABO求人全自動麻雀卓スリム

麻雀プロリーグ「大和証券 Mリーグ2019」。4日目の戦いが10/4(金)に開催された。

【出場チーム】
赤坂ドリブンズ
EX風林火山
渋谷ABEMAS
セガサミーフェニックス

10/4 対戦カード ©AbemaTV

第1試合はたろう、近藤、亜樹、松本が出場。

第1試合の対局メンバー ©AbemaTV

この日誕生日のたろうは非常に積極的な攻撃であがりを重ねトップ目で南入。

東3局 たろうの2000オール ©AbemaTV
東4局 たろうの5200 ©AbemaTV

しかし南1局に近藤が6000オールで一気に逆転。

南1局 近藤の6000オール ©AbemaTV

オーラスにはたろうが勝負をかけて七対子ドラドラのリーチを打つも亜樹への放銃。

南4局 亜樹の12000 ©AbemaTV

松本もホンイツ仕掛けで単騎の聴牌。たろうのつかんだにロンの声をかけたが亜樹のアガリとなった。

4着目になったたろうだったが、最終局で8000をアガリ4着は回避した。

チーム2勝目を挙げた近藤は「フェニックスが好調で非常に嬉しいです。初日の魚谷のトップがとても大きかったと思います。2019シーズンに向けては、週に2日ほど出番があり、出番でない日も来ることがあるので、体調管理をしっかりして臨む事を意識しています。個人スコア1位、チーム優勝を目指して今シーズンも頑張ります」と意気込みを語った。

第1試合トップの近藤 ©AbemaTV

1位:近藤(フェニックス)+53.2
2位:亜樹(風林火山)+11.4
3位:たろう(ドリブンズ)▲20.6
4位:松本(ABEMAS)▲44.0

第2試合は村上、魚谷、勝又、日向の対局。ABEMAS日向はこれがMリーグの初陣となった。

第2試合の対局メンバー ©AbemaTV

魚谷が村上からの満貫でリードしたが、東4局に日向の本手が炸裂、リーチ一発平和一盃口ドラ2裏2の倍満を勝又からアガり一気にトップ目に。

東4局 日向の16000 ©AbemaTV

しかし村上が南3局に6000オールをモノにし、最終局はアガった方がトップのオーラスに。

南3局 村上の6000オール ©AbemaTV

そしてオーラスは村上が5巡目に日向のリーチ宣言牌を捉えてチーム初トップを手にした。同じくチーム初トップが目前だった日向は惜しくも2着となった。

南4局1本場 村上の8000 ©AbemaTV

村上は、「まだ半荘4回目なので、焦っては居ませんでしたが最初のトップが取れて嬉しいです。Mリーグルールの勉強会を増やして、去年よりもたくさんこのルールを打ち込んでこれたと思っています。南3局は驚きの配牌でした、たろうさんへの誕生日プレゼントが少し遅れて僕の手に来てしまいましたね。今年も期待値稼い、連覇を目指して戦っていきます。今後共応援よろしくお願い致します。」と語った。

第2試合トップの村上 ©AbemaTV

1位:村上(ドリブンズ)+57.6
2位:日向(ABEMAS)+4.6
3位:魚谷(フェニックス)▲19.9
4位:勝又(風林火山)▲42.3

10/4終了時点の順位表 ©AbemaTV

10/7(月)の対局はEX風林火山、KADOKAWAサクラナイツ、KONAMI麻雀格闘倶楽部、UNEXTパイレーツの対戦となる。

10/7 対戦カード ©AbemaTV

10月7日番組ページ

関連URL

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top