麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
【11/12 Mリーグ 結果】ドリブンズ・村上が倍満ツモで快勝!Pirates・石橋が大接戦を制して最小スコアトップを獲得!

【11/12 Mリーグ 結果】ドリブンズ・村上が倍満ツモで快勝!Pirates・石橋が大接戦を制して最小スコアトップを獲得!

CABO求人全自動麻雀卓スリム

麻雀プロリーグ「大和証券 Mリーグ2019」。28日目の戦いが11月12日(火)に開催された。

【出場チーム】
赤坂ドリブンズ
セガサミーフェニックス
チーム雷電
UNEXTパイレーツ

11月12日の対戦カード ©AbemaTV
実況解説は松嶋、土田 ©AbemaTV

第1試合は村上、小林、魚谷、黒沢が出場。

第1試合の出場選手 ©AbemaTV

東1局、いきなり村上にドラ暗刻の大物手。高め一盃口のリーチにこぎつけ高めツモ裏1の倍満のアガリで幸先良いスタートを切る。

東1局 村上の4000・8000 ©AbemaTV

東3局1本場には黒沢が一手変わり四暗刻となる三暗刻の聴牌をダマテン。そのままツモアガリとなった。

東3局1本場 黒沢の1300・2600 ©AbemaTV

4着目となっていた小林だが、南2局に三暗刻の聴牌。単騎選択の待ち取りも正解して2000・4000で2着に浮上。

南2局 小林の2000・4000 ©AbemaTV

最終局も小林が1000点をアガり2着をキープ。村上が東1局のリードを守り切り念願の2勝目を挙げた。

南4局1本場 小林のアガリ ©AbemaTV
第1試合トップの村上 ©AbemaTV

1位 村上(ドリブンズ)+60.9
2位 小林(Pirates)+5.9
3位 黒沢(雷電)▲21.1
4位 魚谷(フェニックス)▲45.7

第2試合は園田、石橋、和久津、萩原の対局。

第2試合の出場選手 ©AbemaTV

東1局、好配牌だった親の萩原が4000オールで一歩リードを得る。

東1局 萩原の4000オール ©AbemaTV

東3局には和久津が2000・4000で2着目に浮上。

東3局 和久津の2000・4000 ©AbemaTV

東4局には石橋が萩原から8000のアガリでトップ目に浮上して南入。このアガリでの裏ドラ2枚で早くも石橋は去年の裏ドラ枚数を超えたとのこと。

東4局 石橋の8000 ©AbemaTV

南1局に親の萩原が1000オールのアガリを決めてトップに再浮上したが、南2局2本場に石橋が3900を萩原からアガり大混戦に。

南2局2本場 石橋の3900 ©AbemaTV

南3局は4着目の園田がリーチ・一発・ツモ・平和のアガリで2着目まで浮上。接戦のオーラスを迎えた。

南3局 園田の1300・2600 ©AbemaTV

南4局は22500点持ちの4着目の和久津がリーチ。聴牌していたトップ目の石橋はオリ、萩原も手にならずオリを選択。園田も粘っていたが聴牌には至らず、和久津の一人聴牌での流局となった。

南4局 和久津のリーチは流局に ©AbemaTV
和久津は一人聴牌で2着に浮上 ©AbemaTV

石橋は27500点持ちでの最小スコアトップとなった。

第2試合トップの石橋 ©AbemaTV

1位 石橋(Pirates)+48.5
2位 和久津(フェニックス)+4.5
3位 園田(ドリブンズ)▲16.0
4位 萩原(雷電)▲37.0

11月12日終了時点の順位表 ©AbemaTV

11月14日(木)は赤坂ドリブンズ、セガサミーフェニックス、チーム雷電、UNEXTパイレーツの対戦。

11月14日の対戦カード ©AbemaTV

実況・解説は日吉辰哉、瀬戸熊直樹。

11月14日番組ページ

成績

関連URL

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top