麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
【2/20 Mリーグ 結果】U-NEXT Piratesがポイントを伸ばしプラス域に!各チーム残り10戦でボーダー争いはさらに白熱!

【2/20 Mリーグ 結果】U-NEXT Piratesがポイントを伸ばしプラス域に!各チーム残り10戦でボーダー争いはさらに白熱!

CABO求人全自動麻雀卓スリムプラススコア

麻雀プロリーグ「大和証券 Mリーグ2019」80日目の戦いが2月20日(木)に開催された。

【出場チーム】
EX風林火山
KONAMI麻雀格闘俱楽部
チーム雷電
U-NEXT Pirates

2月20日の対戦カード ©AbemaTV
実況解説は日吉、松本 ©AbemaTV

 

第1試合

第1試合は亜樹、藤崎、朝倉、瀬戸熊の対局。

第1試合の出場選手 ©AbemaTV

東2局。否が応でも一勝が欲しい風林火山・亜樹は大物手に仕上がりそうな手牌で瀬戸熊へのリーチにもプッシュするが、瀬戸熊一発ツモの満貫で局は進む。

東2局 リーチを受けた亜樹の手牌 ©AbemaTV
東2局 瀬戸熊のリーチ・一発・ツモ・赤1 2000-4000 ©AbemaTV

東3局。タンヤオ・赤1のヤミテンで構えていた藤崎。瀬戸熊からリーチを受けて数巡ヤミテンのまま押し切るも、を引いたことで三色に変化し思い切ってリーチ。見事カンをツモり6000オールを決めた。

東3局 藤崎のリーチ・ツモ・タンヤオ・三色・赤1 6000オール ©AbemaTV
東3局1本場 藤崎のリーチ・ツモ・赤1・ドラ1 4000オール ©AbemaTV

その後も親番での加点に成功。亜樹に満貫を放銃するもオーラスまでリードを守り切った。

また、南2局で2着目を行く瀬戸熊から12000を打ち取った朝倉。バックの仕掛けで見事4着目から2着目浮上に成功。南3局で瀬戸熊が500-1000をツモり再び着順をかわされるも、2着争いが熾烈となったオーラスでアガりを決め、この半荘をプラスで終えた。

南2局 朝倉の白・赤2・ドラ2 12000 ©AbemaTV
第1試合トップの藤崎 ©AbemaTV

勝利者インタビューで藤崎は「チームがずっと調子が良かった中で、僕だけあんまり良くなかったのでちょっとホッとしています。三色をアガった局面は、引いてくれたんで、正直アガれるとは思ってなかったですけど、行くしかないなとリーチしました。アガれたのでラッキーでしたね。チームポイントは181.8ポイントの2位ということで、足場は固まったと思いたいですね。でも数字的にはまだまだ敗退の可能性もある数字なので、気を緩めないで頑張っていきたいと思いますので、応援してください。ありがとうございました」と話した。

第1試合結果
1位 藤崎(麻雀格闘倶楽部)+59.3
2位 朝倉(Pirates)+1.2
3位 瀬戸熊(雷電)▲19.6
4位 亜樹(風林火山)▲40.9

第1試合終了時点のチームランキング ©AbemaTV

 

第2試合

第2試合は勝又、前原、小林、黒沢が出場。

第2試合の出場選手 ©AbemaTV

東1局は小林が3000-6000をツモりリード。仕掛けの多い小林だが、面前で高打点を決めた。

東1局 小林のタンヤオ・ツモ・赤1・ドラ3 3000-6000 ©AbemaTV

このあとも前原が12000、勝又が2000-4000をアガるなど高打点が飛び交い、放銃する側に回った黒沢が南場では箱下となった。

しかし、南3局親番の勝又が先制リーチをかけたところ、黒沢の追いかけリーチに一発で放銃し12000を献上。また、オーラスも勝又が跳満をテンパイしているところから、黒沢のリーチに押すも、さらに12000を放銃。オーラス1本場、黒沢が2着目に立ち、前原と黒沢の2着争いに注目が集まるが、前原がアガリ切りフィニッシュ。

U-NEXT Pirates小林の勝利となった。

第2試合トップの小林 ©AbemaTV

勝利者インタビューで小林は「プラスになってよかったなぁという感じですね。ツモが充実していて、めくりあいで危険牌をあまり持ってこなかったことがラッキーでした。東1局の跳満は、どこから鳴こうか考えていたら面前でテンパってしまって、なかなか跳満とか作らないんでびっくりしました。ポイント状況はPiratesだけでなく、全チームに緊張感があって、雰囲気はどんどん固くなってるなって感じはしますね。本当はもっと上位にいたかったんですけど、大きく負けなければ大丈夫っていう数字ではあります。でもすぐに大きなポイントが動くルールなので、みている方にも楽しんでいただけるんじゃないかと思います」と落ち着いた表情で話した。

ファンに向けては「まだまだ先は長いと言っていたら残り10戦まできてしまいまして、それほど安泰の位置ではありませんので、勝ち上がり目指して頑張っていきたいと思います」とポーズをとった。

第2試合結果
1位 小林(Pirates)+73.6
2位 前原(麻雀格闘倶楽部)+3.6
3位 黒沢(雷電)▲18.9
4位 勝又(風林火山)▲58.3

2月20日トータル結果

Pirates+74.8
麻雀格闘倶楽部+62.9
雷電▲38.5
風林火山▲99.2

いよいよ残り10試合となったレギュラーシーズン。1日で100ポイント以上動くこともあるMリーグでのこのポイント状況。全チームの緊張感は計り知れない。

2月20日(木)終了時点チームランキング©AbemaTV

次戦のMリーグは2月21日(金)、KADOKAWAサクラナイツ、KONAMI麻雀格闘俱楽部、セガサミーフェニックス、チーム雷電が対決する。

2月21日の対戦カード ©AbemaTV

放送URL

成績

2月20日 終了時点の個人順位

関連URL

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top