麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
【2/1 Mリーグ2020 結果】Pirates・小林、ABEMAS・多井が勝利!Piratesは順位浮上に一歩近づく!!

【2/1 Mリーグ2020 結果】Pirates・小林、ABEMAS・多井が勝利!Piratesは順位浮上に一歩近づく!!

BULL2021求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2020」のレギュラーシーズン67日目の対局が2月1日(月)に開催された。

2月1日の対戦カード ©ABEMA
実況解説は松嶋・土田 ©ABEMA

第1試合

第1試合は沢崎、小林、前原、日向の対戦。

第1試合の出場選手 ©ABEMA

序盤はなかなかアガリが出ない展開が続いた。東3局2本場には前原がダブ東ホンイツの聴牌をしていたが、日向が小林から2000点のアガリでかわした。

東3局2本場 日向の2000 ©ABEMA

東4局も前原が2000をアガって接戦のまま南入。

東4局 前原の2000 ©ABEMA

ややビハインドとなっていた小林は南1局1本場に強気の勝負。2軒リーチを受けながらも平和のみの聴牌で追いつき、ドラで生牌のを切ってリーチを宣言。は無事に通って小林が一発ツモ。1300・2600ながらも一気に場面を変えるアガリとなった。

南1局1本場 小林の1300・2600 ©ABEMA

3着目でオーラス親番を迎えた小林は2900のアガリで連荘。

南4局 小林の2900 ©ABEMA

その後の1本場では仕掛けて聴牌を入れた前原と小林のめくりあい。小林がドラ暗刻のリーチをツモって4000オールのアガリで抜け出し、窮地を脱するトップを獲得した。

南4局1本場 小林の4000オール ©ABEMA
第1試合トップの小林 ©ABEMA

第1試合結果
1位 小林(Pirates)+59.4
2位 前原(麻雀格闘倶楽部)+4.5
3位 日向(ABEMAS)▲17.9
4位 沢崎(サクラナイツ)▲46.0

第一試合詳細結果 ©ABEMA
第一試合終了時点のトータルスコア ©ABEMA

第2試合

第2試合は堀、石橋、寿人、多井が出場。

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東1局に堀がドラ3のリーチをツモって裏1、3000・6000のアガリで一歩リード。

東1局 堀の3000・6000 ©ABEMA

東2局は石橋が平和赤の先制リーチをツモって1300・2600で点差を縮める。

東2局 石橋の1300・2600 ©ABEMA

東3局は多井がホンイツのアガリで連荘。その後の1本場でも先制リーチに出たが、石橋がタンヤオ七対子で勝負の追いかけ立直。これを石橋が制して2000・4000のアガリで堀に大きく詰め寄った。

東3局 石橋の2000・4000 ©ABEMA

東4局でも石橋が2000点のアガリで南入。

東4局 石橋の2000 ©ABEMA

南1局の親番を迎えた石橋はペンチャン待ちのドラ1リーチ。終盤にツモって裏ドラも乗せて4000オールで一気にリードを得た。

南1局 石橋の4000オール ©ABEMA

しかしここから多井、堀が逆襲していく。まずは多井が寿人からホンイツの8000のアガリを決める。

南1局1本場 多井の8000 ©ABEMA

その後の南2局に親番を迎えた堀はカンの聴牌を外して4面張に変化させてリーチ。一発ツモで4000オールを決めて一気に石橋をかわした。

南2局 堀の4000オール ©ABEMA

南3局には多井が連荘。まずは南3局2本場に仕掛けて寿人から5800のアガリ。

南3局2本場 多井の5800 ©ABEMA

その後の3本場では寿人のリーチを受けながらも多井が4000オールを決めて石橋、堀をまとめてかわしてトップ目に立った。

南3局3本場 多井の4000オール ©ABEMA

更に4本場でも先制リーチをツモって6000オール。一気に試合を決定づけた。

南3局4本場 多井の6000オール ©ABEMA

オーラスは石橋が2着確保のアガリを決めて決着。なんとかチームにプラスポイントを持ち帰った。

南4局1本場 石橋の500・1000 ©ABEMA
第2試合トップの多井 ©ABEMA

第2試合結果
1位 多井(ABEMAS)+78.2
2位 石橋(Pirates)+14.2
3位 堀(サクラナイツ)▲12.5
4位 寿人(麻雀格闘倶楽部)▲79.9

第2試合詳細データ ©ABEMA

1月29日トータル結果

Pirates(小林1着・石橋2着)+73.6
ABEMAS(日向3着・多井1着)+60.3
サクラナイツ(沢崎4着・堀3着)▲58.5
麻雀格闘倶楽部(前原2着・寿人4着)▲75.4

Piratesが浮上してセミファイナル進出争いは更に激戦に。そしてABEMASは600ポイントに到達。3位の麻雀格闘倶楽部以下はマイナスポイントという状況。3位以下のチームはまだまだ予断を許さない状況が続いている。

また、個人首位だった寿人が本日大きくポイントを減らし首位陥落。小林が個人首位に浮上している。

2月1日終了時点チームランキング ©ABEMA
2月1日終了時点チームランキング ©ABEMA

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top