麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
【2/18 Mリーグ2020 結果】麻雀格闘倶楽部・寿人が13翻の親三倍満を決めて連戦連勝!個人首位、チームは5位に急浮上!!

【2/18 Mリーグ2020 結果】麻雀格闘倶楽部・寿人が13翻の親三倍満を決めて連戦連勝!個人首位、チームは5位に急浮上!!

BULL2021求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2020」のレギュラーシーズン77日目の対局が2月18日(木)に開催された。

2月18日の対戦カード ©ABEMA
実況解説は日吉・滝沢 ©ABEMA

第1試合

第1試合は丸山、白鳥、内川、寿人の対戦。

第1試合の出場選手 ©ABEMA

東1局は寿人の2600のアガリで開局。

東1局 寿人の2600 ©ABEMA

東2局は内川が1巡目聴牌。しかし現状ダマテンでも5200あり、変化も豊富な形ということでダマテン。そして両面変化して3巡目リーチ。親の白鳥からアガって裏裏の12000として一歩リードを得た。

東2局は内川の12000 ©ABEMA

東3局は寿人が早いリーチながらも3000・6000のアガリを決めてトップ目に浮上。

東3局 寿人の3000・6000 ©ABEMA

南3局では丸山が粘って連荘するも寿人が仕掛けてアガリきってオーラスを迎えた。

南3局1本場 寿人のアガリ ©ABEMA

オーラスは丸山が先制リーチ。満貫ツモでは3着ながらも跳満ツモならトップという状況でのタンヤオ・平和・一盃口のリーチ。終盤にツモって祈りを込めて裏ドラをめくるも裏は乗らず満貫止まり。悔しさが残る結果となった。

トップは寿人。この勝利で今シーズン最速の個人10勝目を挙げた。

南4局 丸山の2000・4000 ©ABEMA
第1試合トップの寿人 ©ABEMA

第1試合結果
1位 寿人(麻雀格闘倶楽部)+55.2
2位 内川(サクラナイツ)+13.9
3位 丸山(ドリブンズ)▲8.3
4位 白鳥(ABEMAS)▲60.8

第1試合詳細結果 ©ABEMA
第1試合終了時点のトータルスコア ©ABEMA

第2試合

第2試合は園田、多井、堀、寿人が出場。

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東1局は多井がドラドラの先制リーチをツモって2000・4000で開幕。

東1局 多井の2000・4000 ©ABEMA

しかし東2局に事件が起こる。親の寿人にドラのダブが暗刻、赤1の配牌イーシャンテン。そのまま聴牌にたどり着き6巡目リーチ。跳満が確定しているためにダマテンも十分考えられる場面だったが躊躇なくリーチに出た。

そしてリーチ後ダブを暗槓。暗刻のが新ドラとなり更に嶺上開花。リーチ・ツモ・嶺上開花・ダブ・ドラ7・赤1の合計13翻。Mリーグ史上初の13翻を決めた。

Mリーグ規定では数え役満は採用されていない為、12000オールの三倍満となった。

東2局 寿人の12000オール ©ABEMA

その後も寿人の勢いは止まらず、立て続けに6000オール、3200オール、4000オールとアガリを連続で決め、持ち点は10万4000点に到達した。10万点オーバーとなったのはMリーグ史上初の出来事となった。

東2局1本場 寿人の6000オール ©ABEMA
東2局2本場寿人の3200オール ©ABEMA
東2局3本場 寿人の4000オール ©ABEMA
Mリーグ初の持ち点6桁表示に ©ABEMA

その後は多井は寿人の親番をかわし、東3局1本場では苦しい戦いとなっていた堀と園田の2軒リーチ。園田は跳満以上確定のリーチだったがアガリを決めたのは堀。

東3局1本場 堀の2600 ©ABEMA

その後は寿人がリードを維持したままオーラス。堀の最高得点スコア92900点を若干割り込んでのオーラスとなったが、最終局で2000点のアガリを決めて最高スコアを更新する94000点持ちでゲームを終えた。

南4局2本場 寿人の2000 ©ABEMA
第2試合トップの寿人 ©ABEMA

第2試合結果
1位 寿人(麻雀格闘倶楽部)+114.0
2位 多井(ABEMAS)▲2.7
3位 堀(サクラナイツ)▲43.6
4位 園田(ドリブンズ)▲67.7

第2試合詳細データ ©ABEMA

2月18日トータル結果

麻雀格闘倶楽部(寿人1着・寿人1着)+169.2
サクラナイツ(内川2着・堀3着)▲29.7
ABEMAS(白鳥4着・多井2着)▲63.5
ドリブンズ(丸山3着・園田4着)▲76.0

寿人が特大トップでの連勝を決めて個人首位、チームも5位に浮上した。ドリブンズは再びボーダーの6位となりまだまだ苦しい終盤戦を味わうこととなった。

2月18日終了時点チームランキング ©ABEMA
2月18日終了時点チームランキング ©ABEMA

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top