麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
【Mリーグメモリアル】まさに驚愕のアガリ!Mリーグで発生した4つの三倍満を振り返る!【三倍満】

【Mリーグメモリアル】まさに驚愕のアガリ!Mリーグで発生した4つの三倍満を振り返る!【三倍満】

BULL2021求人ニルウッドカバー

2021年2月18日の第2試合で麻雀格闘倶楽部・佐々木寿人選手がMリーグ史上初の13翻(Mリーグ規定により三倍満打ち止め)のアガリを達成!

今回はMリーグで発生したこれまで4度の3倍満を振り返ります!

Mリーグ初の三倍満!2018年11月20日第2試合 勝又選手のリーチ一発ツモ海底!

初の三倍満が発生したのは初年度の2018年11月20日の第2試合#60。

対戦カードはPirates・小林、雷電・瀬戸熊、ABEMAS・白鳥、風林火山・勝又。

試合は南3局まで進み、勝又と白鳥が僅差でトップ争いをしていた。

親の白鳥が先制リーチをしていたが、勝又がドラのを暗槓して最終手番で追いかけ立直。

リーチ・一発・ツモ・海底・ドラ6・裏1の11翻の3倍満で一気に大量リードを得てトップを勝ち取った。

Mリーグ初の勝又の3倍満 ©ABEMA

▼動画はこちら!

2度目の三倍満!2020年1月16日第2試合 麻雀格闘倶楽部・高宮のドラ爆三暗刻!

二度目の三倍満が発生したのは2年目のレギュラーシーズンの終盤戦となった2020年1月16日の第2試合#116。

対戦カードはフェニックス・茅森、風林火山・勝又、麻雀格闘倶楽部・高宮、ABEMAS・多井。

試合は勝又がリードし、茅森がそれを追いかける展開。高宮は23600点持ちの3着目で進行している南2局での出来事だった。

高宮はドラが暗刻の変則3面張形の聴牌にたどり着き、であれば出アガリでも三暗刻の7巡目リーチ。

を一発でツモり、めくった裏ドラは何と

リーチ・一発・ツモ・三暗刻・ドラ3・裏3の11翻の三倍満で一気に試合をひっくり返し、快勝を決めた。

Mリーグ2度目の高宮の3倍満 ©ABEMA

▼動画はこちら!

3度目の三倍満!2020年2月13日第1試合 ABEMAS・白鳥のチンイツドラ爆三倍満!

3度目の三倍満が発生したのは2年目のレギュラーシーズンの更に終盤戦となった2020年2月13日の第1試合#149。

対戦カードはABEMAS・白鳥、Pirates・小林、雷電・瀬戸熊、サクラナイツ・内川。

試合は内川がリードしてオーラスを迎え、白鳥は16400の4着目でオーラスを迎えた。しかし配牌でドラがでドラ色のチンイツが大きく見込める配牌。

のポンから発進して当初はドラが1枚の跳満の進行。その後をポンしてカン待ちの跳満聴牌。その後ドラを重ねて待ちとなった。

そしてを引いて加カン。なんと新ドラがとなり、チンイツ・ドラ6の11翻となり初の副露での三倍満を決めた。

Mリーグ3度目の白鳥の3倍満 ©ABEMA

▼動画はこちら!

4度目の三倍満!2021年2月19日第2試合 麻雀格闘倶楽部・寿人の13翻!

4度目の三倍満が発生したのは記憶に新しい3年目のレギュラーシーズンの終盤戦となった2021年2月18日の第2試合#154。

対戦カードはドリブンズ・園田、麻雀格闘倶楽部・寿人、ABEMAS・多井、サクラナイツ・堀。

東1局に多井が満貫ツモを決めた次局東2局に事件が起こる。親の寿人にドラのダブが暗刻、赤1の配牌イーシャンテン。そのまま聴牌にたどり着き6巡目リーチ。跳満が確定しているためにダマテンも十分考えられる場面だったが躊躇なくリーチに出た。

そしてリーチ後ダブを暗槓。暗刻のが新ドラとなり更に嶺上開花。リーチ・ツモ・嶺上開花・ダブ・ドラ7・赤1の合計13翻。Mリーグ史上初の13翻のアガリを決めた。

Mリーグ規定では数え役満は採用されていない為、12000オールの三倍満となった。

これまでの三倍満はいずれも子番でのアガリで親番では初。そして11翻が最高だったが12翻を飛び越えて13翻でのアガリを決めることとなった。

Mリーグ4度目の寿人の三倍満 ©ABEMA

▼動画はこちら!

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top