麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
【10/7 Mリーグ2021 1戦目結果】初出場の本田がトップで雷電3連勝!!

【10/7 Mリーグ2021 1戦目結果】初出場の本田がトップで雷電3連勝!!

BULL2021求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2021」3日目が10月7日(木)に開催された。

10月7日の対戦カード ©ABEMA
実況解説は、勝又健志、日吉辰哉 ©ABEMA

第1試合

第1試合は村上淳白鳥翔近藤誠一本田朋広の対戦。新加入本田が初出場。

第1試合の出場選手 ©ABEMA

東1局、白鳥のドラ単騎七対子リーチが流局も、次局も先制リーチで跳満ツモ。リードをとる。

白鳥の一人テンパイ ©ABEMA
白鳥の3000-6000 ©ABEMA

東3局は白鳥の一人ノーテン。粛々とゲームが進む。

ここまでテンパイまであと一歩といったところの近藤、東4局親番でドラが暗刻になるも村上、本田のリーチに挟まれる。

結果、本田がアガリきり南入。

東4局村上のリーチ ©ABEMA
本田の1000-2000 ©ABEMA

南1局、村上は配牌で七対子の一向聴だが、親の本田が先にテンパイ。一旦ヤミテンに構えたところで高目3色になるを引き入れリーチ。

南1局村上のリーチ ©ABEMA
南1局 本田の6000オール ©ABEMA

すると村上もドラ単騎で追いかける。白鳥が安牌に窮したところから本田に放銃があるかと思われたが、ここは本田が高目のをツモ。

6000オールでトップ目にたつ。

次局では村上が先制リーチ。高目が山に3枚眠るも村上の手にくることなく、一人テンパイで流局。

南1局1本場 流局 ©ABEMA

南2局2本場、親番の村上が赤赤のリーチも、先に村上の当たり牌を離してテンパイした近藤が500-1000のツモ。

南2局村上のリーチ ©ABEMA
南2局 近藤の500-1000 ©ABEMA

南3局白鳥の親番、近藤が先制リーチも白鳥が追いかけ近藤を捉え、5800点の加点。トップ目本田に近づいていく。

南3局 近藤のリーチ ©ABEMA
南3局 白鳥のリーチ ©ABEMA

しかし次局、本田が仕掛け、村上から3900点は4200点のアガリを決め、オーラス。白鳥はトップまで跳満ツモ条件となった。

南3局1本場 本田の3900 ©ABEMA

南4局、村上も1000-2000ツモで着順アップの状況。点数を持った本田と白鳥の手牌が進まず、村上のドラ切りを見た近藤も間に合わないと踏み、を鳴いて手牌を進めテンパイ。

南4局 近藤の手牌 ©ABEMA

すると村上も山に少ないを引き入れテンパイ。リーチをかけてツモり、見事3着に浮上。雷電は3連勝となった。

南4局 村上の1300-2600 ©ABEMA
第1試合トップの本田 ©ABEMA

第1試合結果
1位 本田(雷電)+67.4
2位 白鳥(ABEMAS)+14.0
3位 村上(ドリブンズ)▲29.4
4位 近藤(フェニックス)▲52.0

今季から追加された点数推移グラフ ©ABEMA
第1試合詳細結果 ©ABEMA
第1試合終了時点のチームランキング ©ABEMA

第二試合結果記事

【10/7 Mリーグ2021 2戦目結果】苦しいスタートとなっていたフェニックス・魚谷がトップを勝ち取る!

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top