麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
【10/7 Mリーグ2021 2戦目結果】苦しいスタートとなっていたフェニックス・魚谷がトップを勝ち取る!

【10/7 Mリーグ2021 2戦目結果】苦しいスタートとなっていたフェニックス・魚谷がトップを勝ち取る!

BULL2021求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2021」3日目が10月7日(木)に開催された。

10月7日の対戦カード ©ABEMA
実況解説は、勝又健志、日吉辰哉 ©ABEMA

第1試合結果はこちら!

【10/7 Mリーグ2021 1戦目結果】初出場の本田がトップで雷電3連勝!!

第1試合終了時点のチームランキング ©ABEMA

第2試合

第2試合は園田賢瀬戸熊直樹多井隆晴魚谷侑未の対戦。

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東1局は瀬戸熊、魚谷の2軒リーチに3軒目リーチで割って入った園田が魚谷から3900のアガリを決める。

東1局 瀬戸熊のリーチ ©ABEMA
東1局 魚谷のリーチ ©ABEMA
東1局 園田の3900 ©ABEMA

東2局1本場は多井の先制親リーチに対して園田が果敢に切り込んで3副露。多井から3900のアガリを決めた。

東2局1本場 多井のリーチ ©ABEMA
園田は仕掛けながらも回りながら進める ©ABEMA
東2局1本場 園田の3900 ©ABEMA
まさかのかわされに苦い表情の多井 ©ABEMA

4着目となった魚谷だが東3局に早いリーチで瀬戸熊から2600

東3局 魚谷の2600 ©ABEMA

南1局は親の魚谷が中暗刻の先制リーチ。リーチ後[⑥]が中筋になり園田から7700の直撃を決めた。。

南1局 魚谷の7700 ©ABEMA

南2局、魚谷が小四喜チャンスの手が入るも風牌が出ぬまま七対子ドラドラの聴牌。親の多井が高目3色のリーチに辿り着いたが魚谷が2000・4000のアガリで一歩リードを得た。

南2局 魚谷の小四喜チャンスの七対子聴牌 ©ABEMA
南2局 多井のリーチ ©ABEMA
南2局 魚谷の2000・4000 ©ABEMA

南3局は多井が先制リーチ。園田が門前清一色の[③][⑥][⑨]待ち聴牌に辿り着くが多井が1300・2600のアガリを決めた。

南3局 園田の清一色聴牌 ©ABEMA
南3局1本場 多井の1300・2600 ©ABEMA

オーラス、瀬戸熊にチャンス手。早い聴牌が入るも魚谷が平和の3面張聴牌で押し切りツモアガリで決着。魚谷が苦しいチームに初勝利をもたらした。

南4局 瀬戸熊の聴牌 ©ABEMA
南4局 魚谷の400・700 ©ABEMA
第2試合トップの魚谷 ©ABEMA

第2試合結果
1位 魚谷(フェニックス)+58.1
2位 園田(ドリブンズ)+6.7
3位 多井(ABEMAS)▲20.2
4位 瀬戸熊(雷電)▲44.6

第2試合点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細データ ©ABEMA

10月7日トータル結果

雷電(本田1着・瀬戸熊4着)+22.8
フェニックス(近藤4着・魚谷1着)+6.1
ABEMAS(白鳥2着・多井3着)▲6.2
ドリブンズ(村上3着・園田2着)▲22.7

本田が初出場初勝利を決めてチーム3連勝。瀬戸熊は4着となったが本日も雷電が一番ポイントを伸ばす結果となった。

本田は今シーズンからの新規選手でも初の勝利となった。

10月7日終了時点のチームランキング ©ABEMA
10月8日の対局チーム ©ABEMA
10月7日終了時点の個人ランキング ©ABEMA

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top