麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
【10/8 Mリーグ2021 1戦目結果】開幕から3連闘の松ヶ瀬が初トップ!

【10/8 Mリーグ2021 1戦目結果】開幕から3連闘の松ヶ瀬が初トップ!

BULL2021求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2021」4日目が10月8日(金)に開催された。

10月8日の対戦カード ©ABEMA
実況解説は、松嶋桃渋川難波  ©ABEMA

第1試合

第1試合は内川幸太郎石橋伸洋高宮まり松ヶ瀬隆弥の対戦。松ヶ瀨は開幕から3試合連続の出場となった。

第1試合の出場選手 ©ABEMA

東1局、序盤かなり引き気味かと思われた松ヶ瀬の先制リーチ。

石橋がリーチを受けながらもドラ3内蔵の手牌で發をポンして発進。すると高宮もテンパイして追いかけリーチ。すぐに松ヶ瀬が高目のをツモ。裏が2枚のって跳満に。

東1局 松ヶ瀨 3000・6000 ©ABEMA

東2局はドラ表示牌のカンで5巡目に即リーチ。石橋、松ヶ瀬が粘るも高宮の一人テンパイで流局。

東2局 流局

東3局は親番の高宮が配牌で一向聴だが、石橋がカンを仕掛けタンヤオ・ドラ1ののテンパイ。高宮のリーチ宣言牌を捉えて局が進む。

東3局 石橋 2000 ©ABEMA

東4局、西家の石橋がをポン。手を進めるも松ヶ瀬がダブ東を暗刻にしてリーチ。親リーチに果敢に石橋が対抗するも、松ヶ瀬がツモ。4000オールで他家を一気に突き放す。

東4局 松ヶ瀨 4000オール ©ABEMA

東4局1本場、親の松ヶ瀬の配牌にドラが暗刻、4枚目を持ってきて暗槓。卓に緊張が走り、内川もを切ればピンフのテンパイにとれるところだったが、対子のを落して回る。

東4局1本場 松ヶ瀨 リーチ ©ABEMA

石橋もかわそうと西のみのテンパイを入れるも、松ヶ瀬のリーチに危険牌を掴まされオリに回る。結果、アガリは出なかったものの、内川、高宮が粘りを見せ、3人聴牌。

東4局1本場流局 ©ABEMA

東4局3本場、配牌から慎重に切り出していく松ヶ瀬。先に内川がテンパイを入れるも終盤で石橋からのリーチが飛んでくる。結果は2人テンパイで流局。

南1局3本場、供託も2本あるところで松ヶ瀬以外の3人の持ち点は僅差。ここで高宮がドラ3リーチをかけるも早々に山から待ち牌がなくなる。役無テンパイで石橋が粘り、またも2人テンパイで流局。3局連続で流局した。

南1局3本場 流局 ©ABEMA

南2局4本場、供託は3本でのところに松ヶ瀬がドラをポンして仕掛けていくが、親の石橋がリーチ。しかし内川が仕掛けて清一色・赤1の跳満をツモ。内川に一気にトップへのチャンスが訪れる。

南2局4本場 内川 3000・6000 ©ABEMA

南3局高宮が2900をアガり望みをつないで次局先制リーチ。しかし石橋に押し切られ、満貫放銃。4着目になった。

南3局1本場 石橋 8000 ©ABEMA

オーラス、石橋がタンヤオ・一盃口2600をヤミテンに構え、内川からアガりゲーム終了。

松ヶ瀬が初トップを獲得した。

第1試合トップの松ヶ瀨 ©ABEMA

第1試合結果
1位 松ヶ瀬(風林火山)+62.6
2位 内川(サクラナイツ)+9.6
3位 石橋(Pirates)▲19.1
4位 高宮(麻雀格闘倶楽部)▲53.1

今季から追加された点数推移グラフ ©ABEMA
第1試合詳細結果 ©ABEMA
第1試合終了時点のチームランキング ©ABEMA

第二試合結果記事

【10/8 Mリーグ2021 2戦目結果】沢崎誠がチームの初勝利を飾る!伊達朱里紗は鋭い攻めでMリーグデビュー戦を2着!

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top