麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
【11/15 Mリーグ2021 第1試合結果】大混戦のオーラスを制した滝沢がトップ獲得!松本は放銃なしも無念の4着

【11/15 Mリーグ2021 第1試合結果】大混戦のオーラスを制した滝沢がトップ獲得!松本は放銃なしも無念の4着

BULL2021求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2021」25日目が11月15日(月)に開催された。

11月15日の対戦カード ©ABEMA
解説:土田浩翔 実況:日吉辰哉 ©ABEMA

第1試合出場選手

第1試合の出場選手 ©ABEMA

東:萩原聖人

南:滝沢和典

西:松本吉弘

北:園田賢

第1試合

東1局、園田がピンフ・赤1、高めイーペーコーの[①]-[④]待ちリーチ。

リーチ宣言牌の[6]を親の萩原が仕掛けてテンパイ。

東1局 萩原の手牌 ©ABEMA

山に残っている枚数は萩原4枚、園田1枚と萩原のアガリが濃厚かと思われたが、萩原が[④]を掴み園田のアガリに。

東1局 園田 リーチ・ピンフ・赤・裏 8000 ©ABEMA

東2局では松本が先制リーチ。

東2局 松本 リーチ ©ABEMA

そこへ親の滝沢が追いかけリーチ。

東2局 滝沢 リーチ・ツモ・ピンフ・三色・裏 6000オール ©ABEMA

滝沢が高めの[6]ツモ。裏ドラも乗せて6000オールのアガリとなった。

東2局1本場では松本が先制リーチをツモアガリ。

東2局1本場 松本 リーチ・ツモ・ピンフ・ドラ 1300・2600 ©ABEMA

東3局で注目を集めたのは滝沢。序盤で[白][発]をポン。

滝沢の手牌に1枚の[中]は山に3枚残っている状況。

その[中]を滝沢が引き入れ大三元の一向聴。

東3局 滝沢の手牌 ©ABEMA

しかしここは親の松本がピンフのみのあがりで交わしきる。

東3局 松本 ピンフ 1500 ©ABEMA

東3局1本場、まずは園田が先制リーチ。

東3局1本場 園田 リーチ ©ABEMA

そこへここまで苦しい展開の萩原が門前でホンイツテンパイ。1巡後にツモ切りリーチを敢行。

東3局1本場 萩原 リーチ ©ABEMA

両者の待ちは山に2枚ずつ残っていたがここは流局に。

東3局1本場 流局 ©ABEMA

東4局2本場も2軒リーチが流局となり供託が4本貯まった東4局3本場。

親の園田がピンズのホンイツに向かう中、萩原がピンズ待ちのピンフでリーチ。

東4局3本場 萩原 リーチ・ツモ・タンヤオ・ピンフ・裏2 3000・6000 ©ABEMA

前局の親被りで4着に後退した園田がドラの[①][②]のシャンポン待ちで先制リーチ。

南1局 園田 リーチ・ツモ・ドラ3 2000・4000 ©ABEMA

これをツモり2000・4000のアガリを決め2着に浮上。

南2局、松本が2フーロでテンパイ。

南2局 松本の手牌 ©ABEMA

そこへ萩原がチートイツ・ドラ2・赤のテンパイ。

一旦2枚切れの[北]単騎に構え、待ちごろの牌への変化を待ったが2巡後にツモ切りリーチとした。

南2局 萩原 リーチ ©ABEMA

この局はテンパイを入れた親の滝沢が松本への放銃となった。

南2局 松本 發・ドラ 2000 ©ABEMA

[北]は園田の手牌にありいつ打ち出されてもおかしくない状況だったがなんとか耐えきった。

大接戦で迎えた南4局、各者が着順アップの見える手牌を手にしていたが滝沢がアガリきりトップをもぎ取った。

南4局 滝沢 タンヤオ・赤 500・1000 ©ABEMA
第1試合終了トップの滝沢  ©ABEMA

第1試合結果
1位 滝沢(麻雀格闘倶楽部)+52.0
2位 園田(ドリブンズ)+6.3
3位 萩原(雷電)▲17.5
4位 松本(ABEMAS)▲40.8

点数推移グラフ ©ABEMA
第1試合詳細結果 ©ABEMA
第1試合終了時点チームランキング ©ABEMA

第2試合結果記事

第2試合結果はこちら

第2試合は高宮が勝利でKONAMIがチーム連勝!

 

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top