麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
【11/22  Mリーグ2021 第2試合結果】堀慎吾が怒涛のアガリラッシュで連勝!チームはMリーグ記録に並ぶ5連勝!

【11/22 Mリーグ2021 第2試合結果】堀慎吾が怒涛のアガリラッシュで連勝!チームはMリーグ記録に並ぶ5連勝!

BULL2021求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2021」28日目が11月22日(月)に開催された。

11月22日の対戦カード ©ABEMA
解説:土田浩翔 実況:日吉辰哉 ©ABEMA

第1試合結果はこちら!

第1試合結果はこちら

第1試合堀がトップでサクラナイツ4連勝!©ABEMA
第1試合終了時点チームランキング ©ABEMA

第2試合出場選手

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東:堀慎吾

南:東城りお

西:瀬戸熊直樹

北:瑞原明奈

第2試合

東1局、堀がダブ東の[東][一]をポンして手を進めるも、東城がドラのカン[5]待ちをヤミテンに構え、ツモって2000・4000の好スタート。

東1局 堀の手牌 ©ABEMA
東1局 東城 ツモ・一盃口・ドラ・赤 2000・4000 ©ABEMA

東2局は東城が[発]、ドラの[白]をポンしてペン[七]待ちのテンパイ。さらに[白]を加槓して跳満に育った。

東2局 東城の手牌 ©ABEMA

しかしドラの[白]を切り飛ばした堀がピンフ・赤1のヤミテンをツモってかわしていく。

東2局 堀 ツモ・ピンフ・赤1 700・1300 ©ABEMA

東3局は流局、1本場は瀬戸熊が高目三色の平和ドラ1赤の1テンパイでリーチ。これに追いかけたのが堀。カン[二]待ちだが三色。[二]は山に3枚残っており、これを瀬戸熊が掴む。

東3局1本場 瀬戸熊リーチ ©ABEMA
東3局1本場 堀 リーチ・三色 5200 ©ABEMA

東4局は東城がピンフドラ1をリーチ。瀬戸熊が赤赤ドラのカン[4]待ちで追いかける。カン[4]待ちの方が山に多く残っていたが、軍配は東城。3900のアガリでトップ目に浮上して南入。

東4局 瀬戸熊 リーチ ©ABEMA
東4局 東城 リーチ・ピンフ・ドラ1 3900 ©ABEMA

南1局、親の堀が[中]を仕掛けて3900をアガリ、次局1本場は2000オールツモ。南1局2本場では堀が一盃口ドラドラのテンパイ[二][五]待ちもフリテン。

南1局2本場 堀の手牌 ©ABEMA

瑞原も[白][四]シャンポン待ちをヤミテンとし、[二][五]待ち高目三色に変化したところでリーチ。堀と瑞原[二][五]の引き合いとなったが堀がツモ。持ち点は5万点をこえ、盤石のトップ目に。

南1局2本場 瑞原 リーチ  ©ABEMA
南1局2本場 堀 ツモ・一盃口・ドラ2 4000オール  ©ABEMA

南1局3本場は瑞原がピンフ・ドラ1をリーチ。現物がない東城、ワンチャンスとなった[6]で放銃。稼いだ点数を削ることなく、堀の親が落ちる。

南1局3本場 瑞原 リーチ・ピンフ・ドラ1 3900  ©ABEMA

 

南2局は積極的に堀がタンヤオで仕掛け、[④]の片アガリテンパイ。瀬戸熊から打ちだされるかと思われたが流局し、南3局1本場へ。

南3局1本場、堀が一気に萬子の染め手に向かい、[北]をポンしてテンパイ。瀬戸熊も[④]をポンしてタンヤオのテンパイを入れる。

南3局1本場 堀の手牌 リーチ・ピンフ・ドラ1 3900  ©ABEMA

瀬戸熊の当たり牌[⑦]は山に1枚しかなかったが堀が掴み放銃。瀬戸熊親番継続。

南3局1本場 瀬戸熊 タンヤオ 1500 ©ABEMA

 

南3局1本場、堀が[④][⑦]待ちのタンヤオ・ピンフ・赤赤をヤミテン。東城からリーチが飛んでくる。[⑦]は東城の現物で、放たれやすい状況だが東城が1000・2000のアガリでオーラスへ。

南3局2本場 堀の手牌 ©ABEMA
南3局2本場 東城 リーチ・ツモ・ドラ1 1000・2000 ©ABEMA

南4局は親の瑞原がドラ赤の一盃口の嵌[③]待ちをツモって4000オールで2着目浮上。

南4局 瑞原 ツモ・一盃口・ドラ1・赤1 4000オール ©ABEMA

1本場には堀が萬子のホンイツへ。最終的には[一][九]のシャンポン待ちの跳満になる。

南4局1本場 堀の手牌 ©ABEMA

東城も直撃か、ツモで着順アップのテンパイを入れる。

南4局1本場 東城の手牌 ©ABEMA

瑞原も[③]をポンして形式テンパイ。

南4局1本場 瑞原の手牌 ©ABEMA

しかし堀がツモって3000・6000。サクラナイツはMリーグタイ記録チーム5連勝となった。

南4局1本場 堀 中・ホンイツ・トイトイ・ドラ2 3000・6000 ©ABEMA
第2試合トップの堀 ©ABEMA

第2試合結果
1位 堀(サクラナイツ)+81.8
2位 瑞原(Pirates)+3.0
3位 東城(フェニックス)▲22.4
4位 瀬戸熊(雷電)▲62.4

点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細結果 ©ABEMA

11月22日トータル結果

サクラナイツ(堀1着・堀1着)+139.6
フェニックス(茅森2着・東城3着)▲9.0
Pirates(朝倉4着・瑞原2着)▲48.2
雷電(本田3着・瀬戸熊4着)▲82.4

堀が怒涛の連勝を決めてチームポイントは200をオーバー。5連勝は2019シーズンのフェニックスの記録に並ぶMリーグ記録となった。新記録の6連勝達成なるか!?Pirates、雷電は苦しい戦いになりマイナスポイントが増えてしまった。朝倉は3連続4着。次こそは巻き返したい所だ。

11月22日終了時点のチームランキング ©ABEMA
11月23日の対局チーム ©ABEMA
11月22日終了時点の個人ランキング

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top