麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
【11/22 Mリーグ2021 第1試合結果】堀のビタ止めに全員驚嘆!サクラナイツは4連勝!

【11/22 Mリーグ2021 第1試合結果】堀のビタ止めに全員驚嘆!サクラナイツは4連勝!

BULL2021求人健康マージャン全国会

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2021」28日目が11月22日(月)に開催された。

11月22日の対戦カード ©ABEMA
解説:土田浩翔 実況:日吉辰哉 ©ABEMA

第1試合出場選手

第1試合の出場選手 ©ABEMA

東:本田朋広

南:朝倉康心

西:茅森早香

北:堀慎吾

第1試合

東1局は茅森、朝倉の二人テンパイで流局。親の本田もテンパイしていたが、ハイテイで無筋の[②]を持ってきて撤退を選択。流局した。

東2局 茅森の手牌 ©ABEMA

東2局1本場、茅森がドラの[中]対子、場風の[東]対子、[赤⑤]があるチャンス手だが、親の朝倉がリーチ。

茅森がリーチ宣言牌の[6]をチーすると、次巡持ってきたのは朝倉の当たり牌[①]。打点がある手牌の茅森は[①]を切り、朝倉の2900のアガリになった。

東2局1本場 朝倉 リーチ・ピンフ 2900 ©ABEMA

東2局2本場。またもや朝倉が先制リーチも流局。

東2局2本場 流局 ©ABEMA

東2局3本場は堀が[東]をポンしてドラドラ赤のテンパイをすぐにツモ。2000・4000でトップ目に立つ。

東2局3本場 堀 東・ドラ2・赤1 2000・4000 ©ABEMA

東3局、親番の茅森がカン[⑥]待ちの三色をヤミテンに構える。朝倉がタンヤオ・ドラドラの手牌を[②]をポンして進めていくと朝倉が[⑥][⑥][⑦]から[⑥]を切り、リャンメンを固定して安全牌の[西]を抱えた手牌から放銃。

東3局 朝倉の手配 ©ABEMA
東3局 茅森 三色・ドラ1・赤1 12000 ©ABEMA

東3局1本場は親の茅森が先制リーチも、[五][白]のシャンポン待ちでテンパイしていた堀が[五]をツモ。

東3局1本場 茅森リーチ ©ABEMA
東3局1本場 堀 ツモ・ドラ・赤 1000・2000 ©ABEMA
南1局 本田 リーチ・ツモ 1000オール ©ABEMA

東4局は本田が2000・4000をツモってトップに迫り南入。南1局は、本田が1000オールツモで連荘。南1局1本場、朝倉がドラ赤カン[4]待ちでリーチ。残り1枚となった[4]をツモって2000・4000。

南1局1本場 朝倉 リーチ・ツモ・ドラ・赤 2000・4000 ©ABEMA

南2局は堀の手牌に場風の[南]が暗刻。茅森が切った[赤五]をチーすると早々に満貫の[③][⑥]待ちに。放銃に回ったのは親の朝倉。回復したいところで放銃になり、親落ちとなった。

南2局1本場 堀 南・ドラ・赤2 8000 ©ABEMA

南3局は茅森がピンフ[三][六][九]待ちのドラ赤をリーチ。早いリーチ端に端の[九]を選択。朝倉は600点持ちになった。

南3局1本場 茅森 リーチ・ピンフ・ドラ・赤 12000 ©ABEMA

南3局1本場は本田がピンフの[5][8]待ちでリーチ。堀も[5]を切れば[一][四][七]待ちのテンパイだが、ここで現物ではない[二]を切って放銃回避。

南3局1本場 堀の手牌 ©ABEMA
南3局1本場 本田 リーチ・ツモ・ピンフ 700・1300 ©ABEMA

すぐに本田がツモって700・1300。オーラスは朝倉が素点回復のピンフ赤をリーチ。本田も追いつきリーチを宣言すると、次巡に持ってきたのは朝倉の当たり牌[九]。裏ドラが1枚乗って朝倉の8000のアガリで試合終了。

サクラナイツは沢崎、内川連勝と続き、4連勝となった。

第1試合トップの堀  ©ABEMA

第1試合結果
1位 堀(サクラナイツ)+57.8
2位 茅森(フェニックス)+13.4
3位 本田(雷電)▲20.0
4位 朝倉(Pirates)▲51.2

点数推移グラフ ©ABEMA
第1試合詳細結果 ©ABEMA
第1試合終了時点チームランキング ©ABEMA

第2試合結果記事

第2試合結果はコチラ

第2試合は堀が怒涛のアガリで連勝! ©ABEMA

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top