麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
【11/26 Mリーグ2021 第1試合結果】勝又健志がオーラスの親番6000オールで大逆転!松本吉弘はリードを保つも2着!

【11/26 Mリーグ2021 第1試合結果】勝又健志がオーラスの親番6000オールで大逆転!松本吉弘はリードを保つも2着!

BULL2021求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2021」32日目が11月26日(金)に開催された。

11月26日の対戦カード ©ABEMA
解説:瀬戸熊直樹 実況:松嶋桃 ©ABEMA

第1試合出場選手

第1試合の出場選手 ©ABEMA

東:近藤誠一

南:沢崎誠

西:松本吉弘

北:勝又健志

第1試合

東1局、沢崎がドラドラ赤の好配牌。しかし先制リーチは松本。高目三色のリーチをツモ。跳満ツモで好スタート。

東1局 沢崎の手牌 ©ABEMA
東1局 松本 リーチ・ツモ・白・三色・ドラ 3000・6000 ©ABEMA

東2局、先制テンパイは親の沢崎。しかし三色にもならない、ねらい目にしたかった4mを先に引いてヤミテン。1巡後にツモ切りリーチとした。待ちの[5][8]は7山。ツモって1000オール。

東2局 沢崎 リーチ・ツモ 1000オール ©ABEMA

東2局1本場、近藤、勝又の2軒リーチもどちらの待ちも山にはない。追いついた親の沢崎がリーチ。沢崎の待ちの[四][七]のみ山に残っていたが、アガリは出ずに流局。

東2局1本場 流局 ©ABEMA

東2局2本場、供託3本。先制テンパイは松本だが、役ナシのカン[5]のテンパイをとらず。勝又もカン[6]のチーから発進すると、形式テンパイを目指す形に。勝又の仕掛けに注目が集まる中、近藤がピンフ・ドラ・赤赤をテンパイしヤミテン。ツモって2000・4000で4着目から抜け出す。

東2局2本場 近藤 ピンフ・ツモ・ドラ・赤2 2000・4000 ©ABEMA

東3局、松本が345の三色確定のリーチ。赤赤一向聴の勝又は松本のリーチに全力勝負も、松本がツモ。4000オールでリードを広げた。

東3局2本場 松本 リーチ・ツモ・三色・赤 4000オール ©ABEMA

東3局1本場、松本がダブ東の[東]を暗刻にしてヤミテン。近藤もヤミテンに構えていたが、勝又がドラ3リーチ。近藤は撤退を選択したが、追いかける松本がツモ切りリーチ。

東3局1本場 勝又の手牌 ©ABEMA
東3局1本場 松本の手牌 ©ABEMA
東3局1本場 流局 ©ABEMA

松本の待ちは山に残っていたが、アガリは出ず、近藤も最終手番でテンパイし、3人テンパイで流局。

東3局2本場、近藤がタンヤオ・ピンフ・ドラ赤をヤミテン。これに飛び込んだのが勝又。近藤の満貫のアガリに。

東3局2本場 タンヤオ・ピンフ・ドラ1・赤1 8000 ©ABEMA

東4局、勝又が[発]、をポン手牌の整った沢崎が切ったドラの[八]をポン。沢崎は[三][六]待ちのタンヤオ・ピンフ・赤赤をヤミテン。沢崎の待ちは[三]一枚だったが、[③][⑥]のノベタンに変化しリーチ。ノベタンだが待ちは3枚に増えた。

東4局 沢崎の手牌 ©ABEMA
東4局 勝又崎の手牌 ©ABEMA

すると勝又も[③][⑥]待ちで追いつくが、流局。

東4局 流局 ©ABEMA

東4局1本場カン[八]待ちの先制リーチをツモ。裏ドラが1枚乗って4000オール。一気に戦線に復帰。

東4局1本場 勝又 リーチ・ツモ・ドラ2 4000オール ©ABEMA

東4局2本場、松本が[中]を仕掛けて先制テンパイ。勝又からアガリ南入。

東4局2本場 松本 中 1000 ©ABEMA

南1局は勝又一人テンパイで流局。

南2局1本場、松本がカン[八]をチーして三色ドラ赤赤8000のテンパイ。[⑧]単騎とすると、ライバル近藤が放銃。

南2局1本場 松本 三色・ドラ・赤2 8000 ©ABEMA

南3局、先制テンパイは近藤、[7][9]待ちを一発でツモ。オーラスへ。

南3局 近藤 リーチ・一発・ツモ・赤1 2000・4000 ©ABEMA

南4局、勝又、カン[⑥]テンパイをとらず。[赤⑤][④]がくっついて[③][⑥]待ちリーチ。[中]をポンしてカン[七]待ちのテンパイだった近藤は撤退。するとハイテイで勝又がツモって6000オール。一気にトップ目に。

南4局 近藤の手牌 ©ABEMA
南4局 勝又 リーチ・ツモ・ハイテイ・ピンフ・ドラ・赤 6000オール©ABEMA

南4局1本場、近藤が赤5sを引き入れリーチ。跳満ツモで着順アップだが、結果は2000・4000。

南4局1本場 近藤 リーチ・ツモ・タンヤオ・ドラ1・赤 2000・4000 ©ABEMA

勝又のテンパイとらずからの6000オールが決め手となった大逆転トップで、再び個人首位に返り咲いた。

第1試合トップの勝又  ©ABEMA

第1試合結果
1位 勝又(風林火山)+56.0
2位 松本(ABEMAS)+13.9
3位 近藤(フェニックス)▲8.9
4位 沢崎(サクラナイツ)▲61.0

点数推移グラフ ©ABEMA
第1試合詳細結果 ©ABEMA
第1試合終了時点チームランキング ©ABEMA

第2試合結果

第2試合結果はこちら

第2試合は茅森がオーラスの大連荘で大逆転! ©ABEMA

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top