麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
【11/26 Mリーグ2021 第2試合結果】茅森早香が4着目で迎えたオーラス親番で4連続高打点を決めて大逆転勝利!

【11/26 Mリーグ2021 第2試合結果】茅森早香が4着目で迎えたオーラス親番で4連続高打点を決めて大逆転勝利!

BULL2021求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2021」32日目が11月26日(金)に開催された。

11月26日の対戦カード ©ABEMA
解説:瀬戸熊直樹 実況:松嶋桃 ©ABEMA

第1試合結果はこちら!

第1試合結果はこちら

第1試合は勝又が大逆転トップ©ABEMA
第1試合終了時点チームランキング ©ABEMA

第2試合出場選手

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東:松本吉弘

南:二階堂亜樹

西:岡田紗佳

北:茅森早香

第2試合

東1局、親の松本が[中]をポンして索子のホンイツへ。松本の上家の茅森、七対子の[4]待ちとすると、松本が[1][8]のシャンポン待ちでテンパイ。テンパイの茅森から[8]が放たれ、松本5800のアガリでリード。

東1局 茅森の手牌 ©ABEMA
東1局 松本 中・ホンイツ 5800 ©ABEMA

東1局2本場、岡田が[三]を重ねて[3][6][9]待ちでリーチを一発ツモ。3000・6000で局が進む。

東1局1本場 岡田 リーチ・一発・ツモ・ピンフ・赤2 3000・6000 ©ABEMA

東2局、茅森がドラドラ赤の手牌をタンヤオで進める。岡田が[⑤][1]のシャンポンテンパイ。筒子の伸びを見てヤミテン。

東2局 岡田の手牌 ©ABEMA

すると松本が[中]をポンしてテンパイ。親の亜樹もテンパイしてリーチとするも、これを制したのは松本。[六]ツモで局を進める。

東2局 松本 中・赤1 500・1000 ©ABEMA

東3局は亜樹がカン[⑥]待ちのリーチも、親の岡田が[六][九]待ちで追いかける。しかしアガリは出ず、二人テンパイで流局。

東3局 流局 ©ABEMA

東3局1本場、亜樹が赤赤の手牌、2枚切れのカン[⑧]テンパイを払い、[西][三]待ちのテンパイでリーチ。

東3局1本場 亜樹の手牌 ©ABEMA

[西]は松本に対子で、序盤から放たれるかと思われたが、粘る。すると残り2巡で茅森がツモリ三暗刻のテンパイをリーチ。

東3局1本場茅森の手牌 ©ABEMA

軍配は亜樹。ラス牌の[三]をツモって2000・4000、トップ目の岡田に迫る。

東3局1本場 亜樹 リーチ・ツモ・赤2 2000・4000 ©ABEMA

東4局、茅森が[一]のポンから仕掛け、萬子のホンイツへ。

東4局 茅森の手牌 ©ABEMA

すると亜樹が[2][5][8]のノベタンリーチ。茅森もドラの[中]が対子になるも進まず、結果は亜樹がツモ。1000・2000で南入。

東4局 亜樹 リーチ・ツモ・タンヤオ 1000・2000 ©ABEMA

南1局、岡田が配牌で一向聴だが、亜樹がドラ単騎でテンパイ。アガリやすい待ちを求めヤミテンに。

すると茅森が[1]を暗槓。新ドラの[三]は岡田の手に2枚で、岡田も進めたいところだが、亜樹を[赤⑤]を引き入れ[⑤][⑧]のノベタン待ちでリーチ。

東4局 亜樹の手牌 ©ABEMA

親の松本も一向聴だがテンパイまでたどり着かず、粘った茅森と亜樹の二人テンパイで流局。

東4局 流局 ©ABEMA

南2局1本場、親の亜樹が2000、2本場で1300オール、3本場で4000オールと加点し持ち点が5万点をこえる。

南2局1本場 亜樹 タンヤオ 2000 ©ABEMA
南2局2本場 亜樹 リーチ・ツモ・裏ドラ2・赤1 4000オール ©ABEMA

南2局4本場は岡田がピンフのテンパイをヤミテンとすると、松本がリーチ。岡田もツモ切りリーチで追いかけ、700・1300ツモ。加点して親番を迎える。

南2局4本場 松本の手牌 ©ABEMA
南2局4本場 岡田 リーチ・ツモ・ピンフ 700・1300 ©ABEMA

南3局親の岡田が国士無双に向かうが、必要な[九]は山に残っていない。終盤で茅森が高目三色のリーチも流局。オーラスへ。

南3局 岡田の手牌 ©ABEMA
南3局 流局 ©ABEMA

南4局1本場。亜樹が自風の[西]をポンして自ら決めに行こうと手を進めテンパイするが、ラス目の親の茅森がリーチ。

南4局1本場 亜樹の手牌、ポンした時点でかなりまとまっていた ©ABEMA

テンパイの亜樹も押していくも、茅森が高目の[⑧]をツモ。裏ドラが2枚乗り、6000オールで一気に2着目に。

南4局1本場 茅森 リーチ・ツモ・ピンフ・一盃口・裏ドラ2・赤1 6000オール ©ABEMA

南4局2本場、終盤に茅森がテンパイすると、松本も跳満が見える手でドラの[⑥]を勝負してリーチするが、[⑥]は茅森の当たり牌。茅森は12000のアガリでトップ目まで見えてきた。

南4局2本場 茅森の手牌 ©ABEMA
南4局2本場 松本の手牌 ©ABEMA

南4局3本場、亜樹が[中]が暗刻で[5]単騎のテンパイ。

茅森も[白]が暗刻の手牌で追いつきたいが、先にリーチにたどり着いたのは岡田。

南4局3本場 岡田の手牌 ©ABEMA

カン[五]かカン[七]待ちの選択でカン[七]を選択。しかしカン[七]は山にはすでになく、無情にも一発目に持ってきたのは[赤五]。これを茅森がチーしてカン[七]テンパイ。

南4局3本場 茅森の手牌 ©ABEMA

茅森の待ちが変化し、[4][六]のシャンポン待ちに。河底で岡田が持ってきたのは茅森の当たり牌[4]。茅森が12000のアガリで一気にトップ目に立つ。

南4局3本場 茅森 白・河底・赤2 12000 ©ABEMA

南4局4本場、亜樹がアガればトップの[一][四][七]でリーチすると、親の茅森が追いつき、[南][北]のシャンポン待ちでリーチ。

南4局4本場 亜樹の手牌 ©ABEMA
南4局4本場 茅森の手牌 ©ABEMA

亜樹が[南]を掴み、茅森のアガリに。裏ドラが1枚乗って12000直撃。茅森の持ち点は6万点をこえた。

南4局4本場 茅森 リーチ・南・ドラ2 12000 ©ABEMA

南4局は岡田がタンヤオでテンパイし、茅森のリーチ宣言牌を捉えゲーム終了。

南4局5本場 岡田 タンヤオ・赤1 2000 ©ABEMA

オーラスまでアガリが無かった茅森の、怒涛の大逆転劇。フェニックスのチームランキングは7位から5位に浮上した。

第2試合トップの茅森 ©ABEMA

第2試合結果
1位 茅森(フェニックス)+82.1
2位 亜樹(風林火山)+13.9
3位 岡田(サクラナイツ)▲30.0
4位 松本(ABEMAS)▲66.0

点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細結果 ©ABEMA

11月26日トータル結果

フェニックス(近藤3着・茅森1着)+73.2
風林火山(勝又1着・亜樹2着)+69.9
ABEMAS(松本2着・松本4着)▲52.1
サクラナイツ(沢崎4着・岡田3着)▲91.0

6連勝に挑んだサクラナイツだったがこの日は苦戦で一旦足踏みとなった。茅森がオーラスの大逆転勝利で大きくプラスし、フェニックスは5位に浮上、ABEMASの背中も見えてきた。

11月26日終了時点のチームランキング ©ABEMA
11月29日の対局チーム ©ABEMA
11月26日終了時点の個人ランキング

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top