麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
【12/16 Mリーグ2021 第2試合結果】園田賢がオーラスの大連荘で大きなトップ!本田朋広は最終局のアガリで2着に滑り込む!

【12/16 Mリーグ2021 第2試合結果】園田賢がオーラスの大連荘で大きなトップ!本田朋広は最終局のアガリで2着に滑り込む!

BULL2021求人健康マージャン全国会

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2021」43日目が12月16日(木)に開催された。

12月15日の対戦カード ©ABEMA
解説:渋川難波 実況:日吉辰哉 ©ABEMA

第1試合結果記事

第1試合結果記事はコチラ

第1試合は伊達朱里紗がトップ! 個人成績300超え! ©ABEMA

第2試合出場選手

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東:高宮まり

南:勝又健志

西:本田朋広

北:園田賢

第2試合

東1局 流局 ©ABEMA

東1局、親の高宮がダブ東の[東]を仕掛けてテンパイ。流局。

東1局1本場、勝又がポンテンとらずに狙い通りの[南][中]のシャンポン待ちでリーチ。

東1局1本場 勝又の手牌 ©ABEMA

園田もツモに翻弄されながらもテンパイにたどり着き、[⑧][6]のシャンポン待ちでリーチ。

東1局1本場 園田の手牌 ©ABEMA

勝又が[⑧]を掴み放銃。園田の5200のアガリに。

東1局1本場 園田 リーチ・ドラ2 5200 ©ABEMA

東2局、高宮が2枚目の[東]をポンして500・1000ツモで局を進める。

東2局 高宮 東・赤1 500・1000 ©ABEMA

東3局、勝又が[四][七]の先制リーチ。一向聴の高宮、[七]が槓子になり撤退。

東3局 勝又の手牌 ©ABEMA

親の本田が[一][四][七]まちで追いかけ、一発ツモ。2600オールで連荘。

東3局 本田 リーチ・一発・ツモ・ピンフ 2600オール ©ABEMA

東3局1本場、高宮にドラの[⑥]が暗刻だがテンパイできず、勝又、本田の二人テンパイで流局。

東3局1本場 流局 ©ABEMA

東3局2本場。本田が[赤⑤]を引き入れ大物手のリーチもすぐにアガリ牌は脇に流れ一人テンパイで流局。

東3局2本場 本田の手牌 ©ABEMA

東3局3本場、高宮[三][六][九]待ちの先制リーチ。

東3局3本場 高宮の手牌 ©ABEMA

園田[九]が暗刻になり、カン[六]待ちのテンパイにたどりつき、リーチ。

東3局3本場 園田の手牌 ©ABEMA

高宮が[六]ツモで裏が1枚のり1000・2000。3本場と供託3本で大きな収入になった。

東3局3本場 高宮 リーチ・ツモ・ドラ1 1000・2000 ©ABEMA

東4局、勝又のドラ3リーチ。高宮がテンパイして[⑥]を勝負してリーチを宣言するも[⑥]は勝又の当たり牌。

東4局 高宮の手牌 ©ABEMA

勝又の8000のアガリで南入。

東4局 勝又 リーチ・ドラ4 8000 ©ABEMA

 

南1局、親の高宮が三色を完成させた[5][8]リーチ。[赤5]ツモで6000オール。一気にトップ目に立つ。

南1局 高宮 リーチ・ツモ・ピンフ・三色・ドラ1・赤1 6000オール ©ABEMA

南1局1本場、本田が国士で手を進めるも、[1]が4枚見え、撤退。その間、園田がツモって倍満の手をヤミテン。待ちの[④][⑦]は薄かったが[④]ツモ。4000・8000で2着目に浮上。

南1局1本場 園田 タンヤオ・ピンフ・ツモ・三色・ドラ1・赤2 4000・8000 ©ABEMA

南2局は親の勝又が先制リーチ。高宮がメンホンの一向聴で放銃。勝又の連荘となる。

南2局 高宮の手牌 ©ABEMA
南2局 勝又 リーチ 2000 ©ABEMA

南2局1本場、園田が[2]をチーして片アガリ三色のテンパイ。すぐにツモって1000・2000。

南2局1本場 園田 三色・ドラ2 1000・2000 ©ABEMA

南3局、高宮がピンフ・ドラ1の先制リーチ。手牌が整った勝又から一発で放たれ、高宮が満貫のアガリでトップ目に。

南3局 高宮 リーチ・一発・ピンフ・ドラ1 8000 ©ABEMA

南4局、親の園田一人テンパイで流局し、高宮を一旦まくりトップ目に立ち連荘。

南4局 流局 ©ABEMA

南4局1本場、ラス目の勝又が試合を終わらせようと仕掛けると、園田も[南][東]と仕掛けてドラの[9]雀頭の12000のテンパイ。

南4局1本場 高宮の手牌 ©ABEMA

テンパイしたい高宮から[五]が打ちだされる。園田の持ち点は5万点をこえ、盤石のトップ目となり更に連荘。

南4局1本場 園田 東・南・ドラ2 12000 ©ABEMA

南4局2本場も12000のアガリを決め更なる加点とした。

南4局2本場 園田 南・ドラ2・赤1 12000 ©ABEMA

南4局3本場、勝又が[中]を仕掛けてテンパイ。加槓して新ドラが[三][東]が暗刻の園田がまたも12000のテンパイ。

南4局3本場 園田の手牌 ©ABEMA

しかしアガリを決めたのは本田。自風の[北]が暗刻になり、テンパイした園田から新ドラの[三]で出アガりで2着浮上条件をクリアし、第2試合終了。

南4局3本場 本田 北・ドラ1・赤1 3900 ©ABEMA

 

ドリブンズはマイナス100ポイント台までポイントを戻した。

第2試合トップの園田 ©ABEMA

第2試合結果
1位 園田(ドリブンズ)+80.3
2位 本田(雷電)+6.1
3位 高宮(麻雀格闘倶楽部)▲14.7
4位 勝又(風林火山)▲71.3

点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細結果 ©ABEMA

12月16日トータル結果

ドリブンズ(村上3着・園田1着)+55.4
麻雀格闘倶楽部(伊達1着・高宮3着)+52.7
雷電(瀬戸熊4着・本田2着)▲51.2
風林火山(松ヶ瀬2着・勝又4着)▲56.9

ドリブンズ、麻雀格闘倶楽部がトップ3着で加点に成功、雷電、風林火山が苦しむ結果となった。首位争いは更に熾烈な状況に。雷電はなかなか浮上のきっかけがつかめず苦戦が続いている。

12月16日終了時点のチームランキング ©ABEMA
12月17日の対局チーム ©ABEMA
12月16日終了時点の個人ランキング

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top